ポストヘッドバー工法研究会 後施工プレート定着型せん断補強鉄筋 ポストヘッドバー工法

後施工プレート定着型せん断補強鉄筋によるせん断補強工法です。

ポストヘッドバー (Post-Head-bar)工法とは、既存構造物の表面からPHbドリルなどで削孔を行い、その孔内に専用モルタル・グラウトを充てんした後で、後施工プレート定着型せん断補強鉄筋“ポストヘッドバー”を差し込み、構造躯体と一体化をはかり、部材のせん断耐力を向上させる工法です。
これまで困難とされていた既設構造物せん断補強を容易かつ経済的に実現できる革新的な耐震補強工法です。

【特徴】
○内空断面を犯さずにせん断補強が可能
○曲げ耐力を一定にしたまません断耐力だけを大きくできる
○軽量・小型な専用ドリルで施工できるため、狭い空間でも施工可能
○専用ドリルを用いることに伴い鉄筋損傷・切断の危険がなくなる
○背面地盤の掘削が不要なため短工期・低コストで施工できる

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

基本情報後施工プレート定着型せん断補強鉄筋 ポストヘッドバー工法

【適用範囲】
○主な補強目的:レベル2地震時のせん断耐力向上
○ポストヘッドバーの径:D13、D16、D19、D22、D25、D29、D32
○ポストヘッドバーの材質:SD345、SD390(SD295A・Bには対応していない)
○主な対象構造物と部位
 ・地震時の応答が周辺地盤の挙動に支配される地中構造物の壁
 ・壁付き柱  ・底版  ・頂版およびこれらに付随するはり
○施工後の変形性能の照査を行った上で適用可能な対象構造物と部位堰、
 水門などの底版部や立上りの壁部
 ・背面が地盤である橋台
 ・鋼板巻き立て・RC巻き立て工法等による耐震補強が
  困難な周辺環境・立地条件下にある橋脚
 ・地下部から連続して立上っている地上部の構造物
 ・地中構造物の変形性能の照査が必要とされた部材 など
○適用できない構造物と部位
 ・地震時に大きな変形を許容する必要がある構造物・部位

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

価格 お問い合わせください。
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
※お問い合わせください。
用途/実績例 ●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

カタログ後施工プレート定着型せん断補強鉄筋 ポストヘッドバー工法

取扱企業後施工プレート定着型せん断補強鉄筋 ポストヘッドバー工法

logo.png

ポストヘッドバー工法研究会

○ポストヘッドバー工法の普及

後施工プレート定着型せん断補強鉄筋 ポストヘッドバー工法へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

ポストヘッドバー工法研究会