株式会社環境総合テクノス 生物多様性の観点からの緑化技術 カーテンウォール工法

従来の切土法面等における緑化吹付工の問題を解決する工法です。

カーテンウォール工法は、切土法面等において現場吹付法枠工とカーテンウォール(現場打自在コンクリート柵)の併用により、法面の安定の確保と現場周辺の自生植物からなる植生を成立させる技術です。
生育基盤材として植物の生育に適した客土を用いるため、生育基盤の保水力を確保し、厚層基材吹付工にみられるような吹付基材の剥離がありません。
生育基盤表面が水平となり、生育基盤の流出を防止します。

【特徴】
○法面の安定を確保
○現場周辺の自生植物からなる植生を成立
○生育基盤の厚み・保水力が確保できる
○根茎の伸長が容易
○埋土種子からの発芽・生育も期待できる

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

基本情報生物多様性の観点からの緑化技術 カーテンウォール工法

【特徴】
○切土法面等において現場吹付法枠工とカーテンウォール
 (現場打自在コンクリート柵)の併用により、法面の安定の確保
○周辺植生からの飛来種子により植生の成立を図る工法
○生育基盤の厚みが確保(最深部約50cm)できる
○従来工法と比べて根茎の伸長が容易
○生育基盤材として植物の生育に適した客土を用いる
→生育基盤の保水力を確保し、吹付基材の剥離もない
○生育基盤表面が水平となるため、生育基盤の流出を防止できる
→飛来種子の定着も容易
○カーテンウォール背面に改変地の森林表土を充填することで、
 埋土種子からの発芽・生育も期待できる
○NETIS 登録技術 KK-100118-A

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

価格 お問い合わせください。
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
※お問い合わせください。
用途/実績例 ●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

カタログ生物多様性の観点からの緑化技術 カーテンウォール工法

取扱企業生物多様性の観点からの緑化技術 カーテンウォール工法

logo.jpg

株式会社環境総合テクノス 名古屋統括支店

○環境に関する研究調査、測定分析、影響予測及び評価 ○土木、建築、環境緑化、造園設備の調査、計画、設計、  監理及び土木、建築、とび・土工、電気、管、鋼構造物、  舗装、しゅんせつ、塗装、防水、機械器具設置、造園工事の請負 ○地盤、測水等に関する調査及び測量業 ○工場、事業場等施設の設置、管理及び環境整備に関する事業 ○環境計測器、貝類減容装置、焼却炉、  太陽光・風力エネルギー機器等環境関連機器の販売、  設計施工及び保全修理 ○環境分析用標準物質及び生物同定用試薬の製造・販売 ○分析技能試験に関する事業 ○農林産物の栽培施設、魚介類の養殖施設、  水族館の研究調査、設計、施工及び運営 ○農林水産物、花卉、園芸植物の生産、販売並びに  園芸資材、民・工芸品の製造、販売 ○産業廃棄物の運搬、処理及び加工、販売 ○労働者派遣法に基づく労働者派遣事業 ○前各号に附帯関連する事業

生物多様性の観点からの緑化技術 カーテンウォール工法へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社環境総合テクノス 名古屋統括支店

生物多様性の観点からの緑化技術 カーテンウォール工法 が登録されているカテゴリ