株式会社地球科学総合研究所 物理探査技術サービス『トンネル浅層反射法探査(SSRT)』

VSP処理の手法を用いた切羽前方探査技術です。

『トンネル浅層反射法探査(SSRT:Shallow Seisimic Reflection survey for Tunnel)』は、弾性波を利用してトンネル切羽前方の地質を予測する技術です。
トンネルの前方を探査する目的で(株)フジタと共同開発いたしました。
人工震源(油圧インパクタ、バイブレータ,発破震源)を掘削中のトンネル現場・人工震源(油圧インパクタ、バイブレータ、発破震源)を掘削中のトンネル現場条件に合わせて選択することが可能であるため、適用可能トンネルが限定されません。
例えばTBM(Tunnel Boring Machine)を含む機械掘削トンネルにおいても実施可能です。

【特長】
○掘削前のトンネル施工現場において、坑外で実施することも可能
○硬質な岩盤、軟弱地盤や坑口部、低土被り区間での探査が可能
○切羽後方の探査も可能であるため、掘削実績と対比し、
 前方探査をより精度よく評価することが可能

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

基本情報物理探査技術サービス『トンネル浅層反射法探査(SSRT)』

【工程】
○踏査(班長 or 計測1名)
○探査(班長、計測、機械、QC の 3-4名)
→1日目(土):入場、機材搬入、測線確認、坑外機器設置
→2日目(日):展開、データ取得、撤収
→3日目(月):機材発送、離場(QC以外)、速報処理(QC)
→4日目(火):速報処理、結果確認、クライアント報告
○報告書作成

【探査仕様】
○発震点、受振点間隔:1.2~1.5m
○発震点、受振点数:24点(+Offset)
○受振器:100Hz, 10Hz(坑外)
○震源:小型油圧インパクター、バイブレータ、発破(100g)

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

価格 お問い合わせください
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
※お問い合わせください
用途/実績例 ●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

カタログ物理探査技術サービス『トンネル浅層反射法探査(SSRT)』

取扱企業物理探査技術サービス『トンネル浅層反射法探査(SSRT)』

logo.gif

株式会社地球科学総合研究所

○物理探査  ・データ取得・処理・解析  ・コンサルティング業務(国内・海外)  ・研究・技術開発  ・機器・ソフトウエア販売  ・リモートセンシング ○地質調査  ・地質分析・解析・評価  ・コンサルティング業務(国内・海外) ○測量  ・陸上測量  ・水路測量

物理探査技術サービス『トンネル浅層反射法探査(SSRT)』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社地球科学総合研究所