株式会社エイワ 高付加価値コバルト合金 『COBARION』

Niの含有量がほとんどなく、高延性で高加工性、高強度、高耐食性です。

『COBARION』(コバリオン)は、東北大学金属材料研究所の千葉晶彦教授が開発し、株式会社エイワで製造され、(財)いわて産業振興センターが、「コバリオン」として、商標登録したものです。
このコバルトクロム合金が持つ、Niの含有量がほとんどないにもかかわらず高延性で高加工性、さらに高機械強度、高耐摩耗性、高耐食性を持ち合わせているという特性は、独自の結晶組織制御技術によってなされたものであり、まったく新しい特徴です。
本材は、真空溶解法により合金化され、様々な熱処理工程を経て丸棒材として市場に供給されます。
整形外科分野の人工関節(股関節、膝関節、肘関節 等)や歯科分野の歯科矯正用ワイヤーや義歯床などに適しています。

【特徴】
○Niの含有量がほとんどないコバルトクロム合金
○高延性で高加工性
○高機械強度、高耐摩耗性、高耐食性を持つ
○真空溶解法により合金化
○丸棒材として市場に供給

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

基本情報高付加価値コバルト合金 『COBARION』

【特徴】
○ニッケルレスで金属アレルギーを引き起こす心配が少ない
→宝飾メーカーにも素材として採用
○医療機器メーカーとタイアップ
→歯科用のディスク材を開発
[COBARION-LC]
○医療用具材料規格:JIS T7402-2(米国規格ASTMF1537)に合致
[COBARION-101]
○フッ素ガスやフッ酸による腐食摩耗被害が著しい
 フッ素樹脂成形に対応
○微量添加元素Xに由来する不動態皮膜により高い耐食性を実現
○Ni基合金特有の凝着性が抑えられ約1.4倍の硬さと摩耗性を実現
○特に圧縮~計量部フライトの摩耗量が1/2に低減
[COBARION-TSE]
○熱バネ用材料として開発した合金
○組織内にγ′ (ガンマプライム)相を微細分散析出させ、マトリックスに
 高密度転位を導入し高温における強度を上昇させることにより
 600℃を超える高温での耐へたり性を大幅に改善した材料
○室温から700℃までの温度域で優れた機械的特性を示し、
 耐熱バネ以外での用途においても使用することが可能

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

価格情報 お問い合わせください。
納期 お問い合わせください
※お問い合わせください。
用途/実績例 【用途】
○歯科補綴物用合金
○歯科鋳造用合金
○磁性材料鍛造材

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

カタログ高付加価値コバルト合金 『COBARION』

取扱企業高付加価値コバルト合金 『COBARION』

logo.png

株式会社エイワ 金属事業部

○FRP成形加工業一般 ○建設工事業、防水工事業、塗装工事業 ○金属の溶解、鋳造、鍛造等の加工販売事業

高付加価値コバルト合金 『COBARION』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社エイワ 金属事業部

高付加価値コバルト合金 『COBARION』 が登録されているカテゴリ