エスティーエンジニアリング株式会社 高速フォアポーリング 「SP-IF工法」

らくらく作業で「3mずつ掘進」の、経済的な高速フォアポーリングです。

「SP-IF工法」は、らくらく作業で「3mずつ掘進」の、経済的な高速フォアポーリングです。
4mの自穿孔ボルトの後端に2.5mの中空FRPボルトを接続して、全長6.5mのフォアポーリングを実施します。
全ての掘削位置において最低2段の天端ボルト補強を実現します。

【概要】
○鋼製支保工3基毎に実施(3mずつ掘進)
○後続のFRP管を切除しながら無拡幅掘進
○ドライブカップラを打撃し、FRPボルトの破損を回避
○SP-IF 掘削長 3.0m

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

基本情報高速フォアポーリング 「SP-IF工法」

【特徴】
○全ての掘削位置において最低2段の天端ボルト補強を実現
○先端ビット部に加え、掘削線近傍の調整小孔よりも吐出させる
○ボルト長さ当りの注入量は、従来のPUIFの1.5倍程度とする
 (略同量の掘削長さ当りの注入で、効果的な先行天端補強を実現)
○従来の1m毎のサイクルを3mずつとし、高速施工を実現

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

価格 お問い合わせ下さい。
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
※お問い合わせ下さい。
用途/実績例 ●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

カタログ高速フォアポーリング 「SP-IF工法」

取扱企業高速フォアポーリング 「SP-IF工法」

エスティーエンジニアリング株式会社

○ロックボルト工法(STロックボルト、SPソイルネイル、SPソイルネイル-SR) ○マイクロパイル工法(SPフィックスパイル、SPマイクロパイル) ○トンネル工法(SPアンカー、高速フォアポーリング、小径AGF、長尺鏡ボルト) ○PC関連(内ケーブルPEシース:PLUX-1、外ケーブルPE保護管:PLUX-EX)

高速フォアポーリング 「SP-IF工法」へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

エスティーエンジニアリング株式会社