日本ジッコウ株式会社 新旧コンクリート打継目接着工法「ジョインボンド工法」

国土交通省のNETIS「新技術情報提供システム」に登録! 繊維補強で強力な界面接着力を実現!

ジョインボンド工法は、高圧水処理後に繊維補強ポリマーセメント系接着材「ジョインボンドM5000」を塗布する工法で、コンクリートの増打ち等で用いることにより打継界面での接着強度を大幅に強化し、新旧コンクリート層を一体化し、水密性を向上します。
ダム・防潮堤・水路等既存構造物への増し打ち・嵩上げ、各種公共施設の耐震補強における増し打ち・嵩上げ、その他、コンクリートスラブ・梁・柱等の新旧コンクリートにおける水平及び鉛直打継面などの用途に最適です。

【特長】
○作業性に優れ、従来作業(チッピング)と比べて打継目処理の作業時間を
 大幅に短縮することができる
○旧コンクリート表面に吹き付け又はコテ塗りし、新コンクリートを
 打設することで新旧コンクリート層を一体化し、水密性を向上させる
○旧コンクリート面に塗付した後、新コンクリート打設までの時間を
 1日~最大14日間(20℃)確保できる
○鉄筋との接着性にも優れている
○NETIS登録番号:KK-130043-A

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

基本情報新旧コンクリート打継目接着工法「ジョインボンド工法」

【特性】
○施工方法:ポリマーセメント材料の塗付
○材料の可使時間:40分程度
○打継有効期間:塗付後1~14日間以内
○せん断強度比(材齢28日):108
○曲げ接着強度比(材齢28日):77
○鉄との接着性(材齢28日):1.5N/mm²以上

【性能】
○曲げ強さ:8.6N/mm²
○圧縮強さ:50.1N/mm²
○コンクリートとの接着性
→材齢14日気中養生:1.51N/mm²
→14日間気中養生後、14日間水中浸漬:3.54N/mm²
○鉄との接着性:材齢28日 1.53N/mm²

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

価格情報 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
※お問い合わせください
用途/実績例 【用途】
○ダム・防潮堤・水路等既存構造物への増し打ち・嵩上げ
○各種公共施設の耐震補強における増し打ち・嵩上げ
○その他、コンクリートスラブ・梁・柱等の新旧コンクリートにおける水平及び鉛直打継面

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

カタログ新旧コンクリート打継目接着工法「ジョインボンド工法」

取扱企業新旧コンクリート打継目接着工法「ジョインボンド工法」

logo_header.jpg

日本ジッコウ株式会社

○コンクリートの防食工事をはじめ、関連する諸資材の生産や販売

新旧コンクリート打継目接着工法「ジョインボンド工法」へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

日本ジッコウ株式会社