日東精工株式会社 渦流量センサ フロップ タイプQS

渦流量センサ フロップ タイプQS http://kensetsu.ipros.jp/public/product/image/ef7/2000147116/IPROS8531370350792482667.jpg 【特徴】 ○カルマン渦流を原理とした渦流量センサ ○可動部、液滞留部のないシンプル構造で高精度な流量計測ができ、  耐久性にも優れている ○接液部はリニア形PPS樹脂を使用し、水、温水はもちろん、  超純水や各種薬品に使用可能 ○流路の絞りを小さくした低圧力損失構造 【一般仕様】 ○計測液体:各種液体(1mPa・s相当) ○容量記号:10、15、20、25 ○液体温度:0~90℃ ○液体圧力:1.0MPa以下 ○計測精度:±2%FS ○表示機能:積算、瞬時 ●詳しくはお問い合わせ、もしくはカタログをご覧ください。 日東精工株式会社 調査・測定・サービス > 測量・計測・分析機器 > その他計測器 QS お問い合わせください。
可動部、液滞留部のないシンプル構造で高精度な流量計測ができます

フロップ タイプQSは、カルマン渦流を原理とした渦流量センサです。可動部、液滞留部のないシンプル構造で高精度な流量計測ができ、耐久性にも優れています。接液部はリニア形PPS樹脂を使用し、水、温水はもちろん、超純水や各種薬品に使用できます。流路の絞りを小さくした低圧力損失構造です。
詳しくはお問い合わせ、もしくはカタログをご覧ください。

基本情報渦流量センサ フロップ タイプQS

【特徴】
○カルマン渦流を原理とした渦流量センサ
○可動部、液滞留部のないシンプル構造で高精度な流量計測ができ、
 耐久性にも優れている
○接液部はリニア形PPS樹脂を使用し、水、温水はもちろん、
 超純水や各種薬品に使用可能
○流路の絞りを小さくした低圧力損失構造

【一般仕様】
○計測液体:各種液体(1mPa・s相当)
○容量記号:10、15、20、25
○液体温度:0~90℃
○液体圧力:1.0MPa以下
○計測精度:±2%FS
○表示機能:積算、瞬時

●詳しくはお問い合わせ、もしくはカタログをご覧ください。

価格 お問い合わせください。
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
※お問い合わせください。
型番・ブランド名 QS
用途/実績例 【用途】
○液晶、半導体洗浄装置、半導体製造装置、
 スーパーコンピュータ冷却装置の流量管理・監視
○純水製造装置、食品加工装置、その他液体の流量管理・監視

●詳しくはお問い合わせ、もしくはカタログをご覧ください。

カタログ渦流量センサ フロップ タイプQS

取扱企業渦流量センサ フロップ タイプQS

2019-04-05_09h14_58.png

日東精工株式会社

私たち日東精工は締結技術や組立技術、計測技術をもとに、3つの事業部が連携しつつ先進的な製品を開発しています。 そのフィールドは国内・国外を問わず大きく広がり、家電、自動車をはじめ、あらゆる産業界の発展を支え、人々の豊かな暮らしをサポートしています。 これからもお客様にとって価値ある製品を創造し、お客様とともにモノづくりの新しい未来へ挑戦していきます。 <ファスナー事業部> ファスナー事業部は精密ねじ・セルフタッピンねじの他、冷間圧造による締結部品も製造しています。 ねじの一貫生産だけでなく、ねじ製造用工具・自社用ねじ製造機械・ドライバービットも手掛けております。 <産機事業部> 産機事業部はドライバ・アームドライバ、単軸・多軸ねじ締め機、ねじ締めロボット、ねじ供給機などのねじ締め関連機器やかしめ機、 お客様のご用途に合わせた特殊組立装置を手掛けています。 <制御システム事業部> 1949年、量水器を手がけて以来、あらゆる産業の中へと各種流量計をお届けしてきました。 用途やニーズに応じ、計測、検査の自動化、システム化を展開し常にお客様に役立つモノづくりを行っています。

渦流量センサ フロップ タイプQSへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

日東精工株式会社

渦流量センサ フロップ タイプQS が登録されているカテゴリ