株式会社プリード 超音波風速計

超音波風速計 http://kensetsu.ipros.jp/public/product/image/38d/2000142822/IPROS6771673252933115431.JPG Researchシリーズ(R3&HS)は渦共分散によるフラックスの研究に最適です。本シリーズはU,V,Wと音速(音仮温度)の出力が可能で、ギル社フリーソフトのWindComにより、データの記録が可能です。測器の電源とアナログ出力は付属品のPCIA(電源・アナログ通信装置)によって供給可能です。アナログ入力はHSタイプには標準で付属し、R3タイプの場合はオプションのセンサーインプットユニット(SIU)を介して対応可能です。 HSタイプの水平式ヘッドは鉛直方向と指向性の精度を高め、風速計自体に起因する干渉を最小限にしました。測器は地面に近い場所もしくは作物や樹木の高さに合わせて設置可能です。 ご要望により傾斜計およびアナログセンサー入力も標準仕様として対応可能です。 株式会社プリード 土木資材 > 公園資材 > 樹木 WindMaster
X,Y,Z方向の風向風速を超音波で測定します。

WindMaster IIシリーズは橋梁、ビルディング、風力発電風車、ベンチレーションコントロールシステム、気象、フラックス研究などにおいての乱流計測に最適です。U,V,Wによるベクトルのデジタル出力にも対応しており、音速と音仮温度の出力も可能です。
WindMaster IIはアルミとカーボンファイバー製で、サンプリングレートが20Hz(標準)と32Hz(オプション)から選択可能です。アナログの入・出力は12ビット・14ビットのいずれかより選択可能です。
WindMaster Pro IIはステンレス鋼製で、最大測定範囲は65m/sまでで、サンプリングレートは標準で32Hzです。鉛直方向の観測と音速の精度が改善され、風圧によるひずみが緩和されました。アナログ入力・出力・PRT(オプション)が14ビットの分解能で追加可能です。

基本情報超音波風速計

Researchシリーズ(R3&HS)は渦共分散によるフラックスの研究に最適です。本シリーズはU,V,Wと音速(音仮温度)の出力が可能で、ギル社フリーソフトのWindComにより、データの記録が可能です。測器の電源とアナログ出力は付属品のPCIA(電源・アナログ通信装置)によって供給可能です。アナログ入力はHSタイプには標準で付属し、R3タイプの場合はオプションのセンサーインプットユニット(SIU)を介して対応可能です。
HSタイプの水平式ヘッドは鉛直方向と指向性の精度を高め、風速計自体に起因する干渉を最小限にしました。測器は地面に近い場所もしくは作物や樹木の高さに合わせて設置可能です。
ご要望により傾斜計およびアナログセンサー入力も標準仕様として対応可能です。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名 WindMaster
用途/実績例 気象観測システム
道路気象
建築(安全性評価)
海洋研究
風力発電(風況評価)
ベンチレーション制御
フラックスの研究

カタログ超音波風速計

取扱企業超音波風速計

prede_image.JPG

株式会社プリード

理化学計測機器の設計製造販売 ・気象機器 ・光学機器 ・計測機器 ・環境測定機器 ・理化学計測機器の輸出入販売

超音波風速計へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社プリード