株式会社ニッコー 液体ガラス改質木材 木ごころ

液体ガラス改質木材 木ごころ http://kensetsu.ipros.jp/public/product/image/8fe/2000121648/IPROS8699364235734184319.JPG 【特徴】 ○玩具安全基準(ST)に合格した安全な木材保護工法です。 ○無職なので塗料がより美しい仕上がりになります。 ○高熱に耐えられる樹脂なので簡単な温浴型方式で注入することができます。 ○寸法安定性に優れています。 ○防腐・防蟻性能があります。 【木ごころ処理工程】 1.液体ガラスの中に木材 (合水率20%以下) を浸漬し、 摂氏80度で加温します。 2.加温により木材が膨張、内部の空気・水が放出されます。 3.加温後、 自然冷却させると木材内部に液体ガラスが吸入、吸着されます。 株式会社ニッコー 建材 > 建築金具 > 板ガラス・鏡
木ごころは、常温で硬化する液体ガラスを用いて木材をガラス複合化させた改質処理技術です。

現在の日本の森林は戦後植林きれた人工林が約4割を占め、主にスギ、ヒノキに代表きれる針葉樹です。
針葉樹は成長が早<加工がしやすい反面、硬度がな<広葉樹に比べて白蟻や腐朽菌に弱いといった難点があります。木ごころで、液体ガラスを木材に浸透させ、ガラス成分が木材に吸着、固化されることで、 針葉樹を広葉樹並みの硬度に高めることが可能です。 同時に優れた耐候性により水の侵入を防ぎますので、防腐・防蟻の効果を格段に高めることができます。

また、 液体ガラスは無機のため、環境に負荷をかけず、人体にも彩響がありません。 木ごころは自然に優しい、環境性・安全生に優れた技術です。

基本情報液体ガラス改質木材 木ごころ

【特徴】

○玩具安全基準(ST)に合格した安全な木材保護工法です。
○無職なので塗料がより美しい仕上がりになります。
○高熱に耐えられる樹脂なので簡単な温浴型方式で注入することができます。
○寸法安定性に優れています。
○防腐・防蟻性能があります。

【木ごころ処理工程】

1.液体ガラスの中に木材 (合水率20%以下) を浸漬し、 摂氏80度で加温します。
2.加温により木材が膨張、内部の空気・水が放出されます。
3.加温後、 自然冷却させると木材内部に液体ガラスが吸入、吸着されます。

価格 -
※お問い合わせください
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
※お問い合わせください。
発売日 取扱い中
用途/実績例 お問い合わせください。

カタログ液体ガラス改質木材 木ごころ

コロイドガラス注入処理木材/実績写真集

コロイドガラス注入処理木材/実績写真集 表紙画像

株式会社ニッコーの改質木材は、寸法安定性の向上、防腐・防蟻性能と安全性能の確保、変色防止などの対候性能、ささくれ防止などの機能を持ちます。木材とガラス質を複合化することで、木は硬くなり、年輪や夏目冬目を鮮明化し節を目立たなくすることができます。
コロイドガラスとは、完全無機質のガラスを水性下で微粒子化(コロイド化)させることで、木材に浸透させて乾燥させることで木材内部にガラス質を形成させる特殊技術です。
本資料ではコロイドガラス注入処理木材の特徴をはじめ工程・塗装・各試験を写真してわかりやすく説明しております。また、江戸川区新川広場橋や星のリゾート トンボの湯様等の実績例も併せてご紹介しております。

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

このカタログを電子ブック形式で閲覧できます。 電子ブックの閲覧方法はこちら

「建築知識」~2011年9月号~

「建築知識」~2011年9月号~ 表紙画像

株式会社ニッコーは、特殊技術によりガラス成分を水溶液の中でコロイド状態(均一に分散した状態)に保つガラスの液化技術を開発しました。それから開発、改善を重ねて木材の改質処理技術「木ごころ」が生まれました。
液体ガラスを木材に含浸させる技術で、いわば有機物でもある木材を無機化するもので、防水性はもちろん防腐性・防蟻性にも優れ、ガラス成分が木材の細胞壁に密着するため腐朽金の菌糸やシロアリが浸入できません。これにより従来木材の弱点とされていた要素の多くが改善され、その一方で木材の持つ風合いや加工性、調湿性を損なうことがない「欠点のない木材」が誕生しました。実際にこの性能が認められ、横浜大桟橋のデッキ修復工事や東京湾アクアラインの「海ほたる」のウッドデッキの修復工事等、厳しい環境下での採用が広がっています。また液体ガラスの塗料も開発し、既存の木造建築に使われている木材の再生を進めています。
株式会社ニッコーは、これからも木材を活かすための開発を続け、日本の木材を強くする挑戦を続けます。

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

このカタログを電子ブック形式で閲覧できます。 電子ブックの閲覧方法はこちら

木の長所を生かした木材「総合カタログ」

木の長所を生かした木材「総合カタログ」 表紙画像

ニッコーは、”鉄・コンクリート・化学合成物質に勝る木に改質する”、”変色・退色・防腐・寸法安定性・とげ、ささくれを防止”するなど、「木材の改質・保護・強化」を実現させました。
木材の耐久性能技術をもって世界の木材救済をはかり、地球温暖化防止に努めています。

【掲載製品】
■木材の改質・強化「木ごころ」
呼吸機能を保持する→外部との温度差を無くす

■シロアリ忌避試験・イエシロアリ室内試験
試験実施:京都大学生存圏研究室

■木材の保護「ウッドレスキュー」
屋外使用の木材をクリーニング→耐久性の向上と木材の持つ美観を再度復元

■強化セラミック塗料による「ウッディセラ」
変質部分にパテ掛け→補強・強化

※各種木材の使用実績を写真付で掲載しています。
※詳細はカタログをダウンロード、またはお問い合わせください。

このカタログを電子ブック形式で閲覧できます。 電子ブックの閲覧方法はこちら

株式会社ニッコー『会社案内』

株式会社ニッコー『会社案内』 表紙画像

ニッコーは、塗料の原料を石油から石英に切り替え「常温ホーローコーティング」技術を軸に無機質剤を開発し、電子部品から土木まで幅広いマーケットを開拓しています。
文明と産業活動の発展とともに私たちの生活は豊かになりました。しかしその豊かさの裏側で自然環境への負荷、産業廃棄物の処理にともなう環境汚染、地球温暖化など、現代では世界規模での環境破壊が問題になっています。
また、有機化合物の総称的石油製品、特に塗装・コーティング剤は表面剤としての使用が多く、シックハウス症候群やハサップ問題などの人体への影響が心配され、その対策が急務となっています。

ニッコーは、「無機塗料」は自然環境への負荷を減らし、人々の健康と安心・安全を守り、かつライフサイクルコストの低減を可能にすると考え、製品開発にとりくんでいます。

●詳しくはカタログをダウンロード、もしくはお問い合わせください。

このカタログを電子ブック形式で閲覧できます。 電子ブックの閲覧方法はこちら

木ごころ技術資料

木ごころ技術資料 表紙画像

木ごころは、常温で硬化する液体ガラスを用いて木材をガラス複合化させた改質処理技術です。

針葉樹は成長が早<加工がしやすい反面、硬度がな<広葉樹に比べて白蟻や腐朽菌に弱いといった難点があります。木ごころで、液体ガラスを木材に浸透させ、ガラス成分が木材に吸着、固化されることで、 針葉樹を広葉樹並みの硬度に高めることが可能です。 同時に優れた耐候性により水の侵入を防ぎますので、防腐・防蟻の効果を格段に高めることができます。

また、 液体ガラスは無機のため、環境に負荷をかけず、人体にも彩響がありません。 木ごころは自然に優しい、環境性・安全生に優れた技術です。

このカタログを電子ブック形式で閲覧できます。 電子ブックの閲覧方法はこちら

取扱企業液体ガラス改質木材 木ごころ

IMG_0267.JPG

株式会社ニッコー

・無機系木材改質剤ならびにガラス質木材保護塗料の開発、製造、販売(マーケティングから開発、製造、販売までの一貫システム) ・不燃剤の開発(白くならない不燃木材の受諾、研究) ・木材の変色防止の研究およびその材料の提供 ・腐朽した木材の補強材料の提供 ・木材の劣化診断ならびにその補修工法の提案

液体ガラス改質木材 木ごころへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社ニッコー

液体ガラス改質木材 木ごころ が登録されているカテゴリ