「Made in 新潟新技術(土木・建築)」展示・発表会 出展のお知らせ

最終更新日:2020/11/20

株式会社プロテックエンジニアリング ロゴ

株式会社プロテックエンジニアリング

  • 開催地:新潟県

崩壊土砂防護柵「スロープガードフェンス タイプLE」

  • 崩壊土砂防護柵「スロープガードフェンス タイプLE」

落石防護補強土壁 「ジオロックウォール」

  • 落石防護補強土壁 「ジオロックウォール」

2020年11月26日(木)に開催される、「Made in 新潟 新技術(土木・建築)」展示・発表会に、プロテックエンジニアリングが出展いたします。

当日は、「Made in 新潟 新技術普及・活用制度」プラチナ技術である崩壊土砂防護柵「スロープガードフェンス タイプLE」と落石防護補強土壁「ジオロックウォール」、落石防護柵「ARC(アーク)フェンス」、雪崩予防・落石防護兼用柵「ARCフェンス S(スノー)タイプ」、について、模型やパネル、各種資料を用いて詳しくご説明いたします。
これらの工法は、自然環境と調和する経済的な落石・雪崩対策工として、新潟県内のみならず、国土交通省や全国自治体、民間企業で多数活用されています。加えて、「スロープガードフェンス」と「ジオロックウォール」においては、新潟県知事表彰の技術賞を受賞しています。

ぜひご来場くださいますようお願いいたします。

開催日時 2020年11月26日(木)
10:00 ~ 17:00
「Made in 新潟 新技術(土木・建築)」展示・発表会
会場 会場:朱鷺メッセ メインホール(スノーホール)
主催:新潟県 (一社)新潟県建設業協会 (一社)建設コンサルタンツ協会北陸支部
参加費 無料

関連製品

崩壊土砂防護柵『スロープガードフェンス タイプLE』

崩壊土砂防護柵『スロープガードフェンス タイプLE』 製品画像

土砂捕捉性能と維持管理性に優れた鉛直式崩壊土砂防護柵

『スロープガードフェンスタイプLE』は、道路際や民家裏で崩壊土砂を受け止める待ち受け型の鉛直式崩壊土砂防護柵です。 支柱間に設置したパネル式ワイヤネットと金網で土砂の流出を防ぎます。 支柱を直接地山に建て込む杭基礎構造であるため、設置スペースの狭い現場や斜面上など、様々な立地での施工が可能です。 柵高を調整することで土砂を堆積するためのポケット容量を確保することができるため、斜面の改…

落石防護補強土壁『ジオロックウォール』

落石防護補強土壁『ジオロックウォール』 製品画像

補強土を用いて大規模な衝撃を吸収する信頼実績の補強土壁

『ジオロックウォール』は、主に道路際や民家裏で落石やがけ崩れ・崩壊土砂を受け止める補強土壁です。 最大5500kJの落石エネルギーに対応し、小規模から大規模まで幅広い落石対策で活用できます。 土とジオシンセティックスを主材料としています。土構造物特有の柔構造性により効率良く衝撃を吸収し、大規模な衝撃エネルギーにも対応することができます。 土構造物のため、設置スペースが限られた現場…

雪崩予防・落石防護兼用柵『ARCフェンスSタイプ』

雪崩予防・落石防護兼用柵『ARCフェンスSタイプ』 製品画像

3.0mまでの積雪深で経済性を発揮するシンプル雪崩予防柵

『ARCフェンスSタイプ』は、斜面に設置する雪崩予防柵です。3.0mまでの積雪深に対応します。 また、落石防護柵として50kJまでの落石エネルギーにも対応することができます。 支柱間に金網とワイヤネットを張設した連続構造のため、従来の雪崩予防柵に見られたバーの隙間からの雪のすり抜けや、柵と柵の間からの雪の抜け落ちがありません。 対策範囲の雪圧を受け止めて確実に雪崩を予防します。 …

関連カタログ

取扱会社

株式会社プロテックエンジニアリング

【事業紹介】 ■落石、雪崩、崩壊土砂、土石流等、災害対策製品の開発・設計・製造・施工

新着ニュース一覧」の情報を見る


キーマンインタビュー