株式会社ベンカン ロゴ株式会社ベンカン執行本部 営業部 東京営業所

最終更新日:2016-06-14 12:35:17.0

  • 企業ニュース
  •  

掲載開始日:2016-06-13 00:00:00.0

溶接式管継手事業部門と日鉄住金機工株式会社の事業統合について

溶接式管継手

  • 溶接式管継手

この度、「株式会社ベンカン」の溶接式管継手事業と「日鉄住金機工株式会社」との事業統合について、基本合意にいたりました事をお知らせいたします。

統合は2016年8月1日を予定しており、統合による新会社の社名を「株式会社ベンカン機工」とします。
本社は群馬県太田市六千石町5-1に置き、統合会社の社長にはベンカンの社長である岡本 昭三が就任する予定です。

尚、「株式会社ベンカン」は、8月1日以降は、メカニカルジョイント事業の存続会社として事業を継続して参ります。

今後とも、「ステンレス配管のベンカン」を宜しくお願い申し上げます。

関連情報

ベンカンと住金機工が溶接式管継手事業を統合

ベンカンと日鉄住金機工 事業統合で基本合意

取扱会社

株式会社ベンカン 執行本部 営業部 東京営業所

「ステンレス配管」は、耐久性、強度に優れクリーンは配管の代表です。 その接合は、溶接やねじ込みによるもので、技術あるいは設備の専門性が高いことから産業配管用として使用され、一般配管に使用されることは希でした。 しかしながら、ベンカンのステンレス配管「メカニカルジョイント」は、その構造や専用工具を使用することで、作業者個人の技能に左右されることなく配管接合の施工品質を均一化させることが可能です。 現在、ベンカンのステンレス配管「メカニカルジョイント」は、給水、給湯、空調配管を中心に戸建住宅・集合住宅などの住まいや病院、警察署、消防署、官公庁舎、福祉施設、学校、ホテル、商業、インテリジェントビルなどの多様化する各施設に幅広くご利用いただいております。 また、空調配管向けにアルミ配管を開発中です。特に空調冷媒配管で主に使われる銅管は、価格の乱高下の激しい銅材であり、今後、品薄傾向が高まり供給難と価格の高騰が予想されます。そおの代替配管として、アルミ配管をご提案致します。

あなたが探している「ニュース:企業ニュース」の情報を見る

  • 2018-12-11 00:00:00.0
  • 日本トレルボルグ シーリング ソリューションズ株式会社NEW
  • 2018-12-10 00:00:00.0
  • 株式会社 N・SET (エヌ・セット)NEW
  • 2018-12-10 00:00:00.0
  • 株式会社 N・SET (エヌ・セット)NEW
  • 2018-12-07 00:00:00.0
  • 株式会社三協製作所 本社事務所NEW
  • 2018-12-07 00:00:00.0
  • 株式会社ジャロックNEW

溶接式管継手事業部門と日鉄住金機工株式会社の事業統合について と関連するおすすめ情報


キーマンインタビュー