注目製品 2020年03月31日(Tue)更新

耐火性能と耐震性に優れた、地上設置型の強靭な燃料タンク。発電にも対応可能

耐火性能と耐震性に優れた、地上設置型の強靭な燃料タンク。発電にも対応可能
災害時における電力や燃料の確保は、人命救助やBCPの観点からも非常に重要です。このような万一の事態に備えて燃料タンクを設置する際、法定点検を行う手間や、移設が必要になった時の工事などが、大きな負担になることも。 シゲミコウキでは、自家発電設備や自家用給油所に活用できる屋外設置型の燃料貯蔵タンク『コンボルトタンク』を取り扱っています。鋼製タンクを油流出防止シートで覆い、外側を厚さ15cm以上の鉄筋コンクリートで被覆し、漏洩防止性能を確保。強靭な構造で、防衛省や米軍などでも採用されています。掘削工事が不要なため短期間で設置でき、移設も容易。法定点検義務を負わず、自主点検による維持管理が可能です。

半径100mの落雷を回避!ヨーロッパ生まれの避雷針。落雷対策ハンドブック進呈
これからの季節、特に増える雷。避雷針を使った雷対策は欠かせませんが、いま日本に普及している避雷針は“雷を落とす”仕組みのフランクリン式が多数を占めています。そんな中、海外を中心に実績を増やしている新しい仕組みの避雷針があります。 セイクンが取り扱う『DINNTECO-100Plus』は“雷を寄せ付けない”ヨーロッパ生まれの避雷針。落雷を引き起こす「お迎え放電」を出さず最大で半径100mの落雷を回避。避雷器(SPD)による内部保護と組み合わせれば、直撃雷と雷サージの2大リスクを防げます。また、同社は避雷針や避雷器の施工・点検・保守まで一貫対応が可能です。現在、雷対策の秘訣をまとめた「落雷対策ハンドブック」も進呈中。

こちらにも注目!

おすすめの新着製品

注目製品 バックナンバー


閲覧履歴一覧

閲覧した製品・カタログ・企業などの情報が自動的にここに表示されて、また見たい時に便利です。

キーマンインタビュー