特集メインビジュアル

掲載開始:2019年05月13日

【小規模建築物から土木構造物まで対応】土とスラリーまたは固化材を撹拌混合し均質性の高いブロック状の改良体を構築する地盤改良工法

建築物の強固な基礎作りを実現する地盤改良工法『ライジング工法』

山下工業株式会社

『ライジング工法』とはあらかじめ掘削した土を掘削部に投入し、独自に開発した攪拌バケットを用いて土とスラリーを混合攪拌し、均質性の高いブロック状の改良体を構築する地盤改良工法です。事前に土を掘削することにより"支持層および改良対象土を確認"でき、さらに"固化の妨げになる有機質土や、施工の障害となる礫層・転石・産業廃棄物および地中障害物などを除去"できるなどのメリットを実現しました。

★(一財)日本建築総合試験所建築技術性能証明を取得しています。
また、NETIS登録SK-130021Aも取得しています。

【地盤改良工法においてこんなお困りごとはございませんか?】
■支持層の確認ができない…
■改良体の品質管理ができない…
■地中障害物の除去ができない…
■円形形状の施工による掘削ロスが発生する…
⇒こんなお悩みをすべて解決します!

※低減粘性土地盤などで問題となる土の共回り現象による攪拌不良を低減できる【ウルトラコラム工法】もございます。
※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

PDFダウンロード お問い合わせ

気になるジャンルのカタログを無料でまとめてダウンロード!カタログパック

  • 基礎工法
  • 地盤改良工法
  • 地盤補強
  • 軟弱地盤対策
  • 地盤調査

公開中の特集

最新の特集情報をメールマガジンでお知らせしています。

次回更新は 05/23(Thu)です。

  • サンプルを見る

特集検索

キーワード

閲覧履歴一覧

閲覧した製品・カタログ・企業などの情報が自動的にここに表示されて、また見たい時に便利です。

キーマンインタビュー