特集メインビジュアル

掲載開始:2017-11-27 00:00:00.0

自然景観を生かす 水辺の保全づくり

NETIS登録『トースイCON充填工法』※施工方法12事例ご紹介

株式会社ESP

『トースイCON充填工法』とは、景観形成を維持しつつ、既設構造物の保全・整備を目的として行う施工方法です。

護岸、水路、宅地等の石積み・石垣老朽化に対して、現地にてプラントを設置し、目地及び亀裂等から透水性・強度・耐久性および施工性に優れたトースイCON(骨材・セメント・水・B.CON+S)を注入充填し石積みの安定を保ち、目地から排水することでパイピング現象を抑えることが可能になります。
使用材料を変更することで遮水も可能です。

カタログでは、広域河川改修工事や護岸修繕業務、河川災害復旧工事、漁港修繕工事など、施工方法12事例を掲載しています。

【特長】
■背面水の排出が可能
■河川断面を侵さない
■狭小箇所の施工が安易
■プラントヤードが狭小
■圧送ホースの延伸により広範囲の施工が可能

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

NETIS登録工法!空頭制限や大型機械などに影響されない仮締切工法

橋脚補修・補強/締切工法『仮締切LPF工法』

株式会社日本海洋サービス

『仮締切LPF工法』は、河川・海・ダム等の橋脚水中部の仮締切を構築する工法です。

プラットフォーム(組立用可倒式足場)上で仮締切LPF用ライナープレートの組立→降下→水中接続を繰り返し、設置完了後に締切内をドライアップします。
空頭制限や大型機械などに影響されません。

【特長】
■ライナープレート(水密仕様)・止水用ゴムパッキン・H鋼(補強リング)・切梁で構成
■人力施工のみでも施工可能
■空頭制限1.5m程度での施工が可能
■無振動であるため既設構造物(ガス・電気・水道管等)直近での施工が可能
■NETIS:CB-110010-VE(特許)

詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

公開中の特集

最新の特集情報をメールマガジンでお知らせしています。

次回更新は 2017-12-14 00:00:00.0です。

  • サンプルを見る

特集検索

キーワード

  • 断水不要!ネジを締めるだけで配管の水漏れが直る!児玉工業の圧着ソケット

最近チェックした情報

閲覧した製品・カタログ・企業などの情報が自動的にここに表示されて、また見たい時に便利です。

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー