最終更新日:2016-09-26 10:44:34.0

株式会社ベンカン(ステンレス配管メカニカルジョイント)

業種:建材・資材・什器メーカー  所在地:東京都 大田区 山王2-5-13 大森北口ビル 7階

株式会社ベンカン (ステンレス配管メカニカルジョイント) 日本 1438567 東京都 大田区 山王2-5-13 大森北口ビル 7階 03-3777-1531
  • ステンレス配管のベンカン 事業内容:ステンレス配管に特化したメカニカルジョイント等の管工機材製品の開発・製造・販売
    株式会社ベンカンは、1947年に前身の日本弁管工業株式会社が溶接式管継手の製造・販売業として創業致しました。
    以来、管工機材の製造・販売をコアビジネスとして事業展開を行ってまいりました。
    現在は、溶接式管継手事業との分社化により、主にステンレス配管のメカニカルジョイント等の管工機材製品を開発・製造・販売させていただいております。
    現在、国内の営業拠点は、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪(海外営業課含む)、福岡の6拠点となっております。
    また、製造拠点は、MJ工場(群馬県)とベトナムのBV1工場の2拠点となっております。
    従業員は、437名(グループ全体1270名)となっております。
    今後も結束を強め、「ステンレス配管のベンカン」として相応しい製品、技術、品質をご提案させていただきます。
    • この企業を
    • Twitterボタン
  • ※ステンレス配管イメージ
    ※ステンレス配管イメージ

取扱製品・サービス株式会社ベンカン (ステンレス配管メカニカルジョイント)

取扱製品・サービス一覧

取扱製品・サービスは29件あります。

関連カタログ株式会社ベンカン (ステンレス配管メカニカルジョイント)

カタログ一覧

関連カタログは2件あります。

ニュース&トピックス株式会社ベンカン (ステンレス配管メカニカルジョイント)

ニュース&トピックス一覧

ニュース&トピックスは4件あります。

企業情報株式会社ベンカン (ステンレス配管メカニカルジョイント)

会社名 株式会社ベンカン
設立 1947年
資本金 10000万円
従業員数 430名
所在地 〒143-8567
東京都 大田区 山王2-5-13 大森北口ビル 7階
TEL:03-3777-1531  FAX:03-3777-1500
  • ※ お電話でのお問い合わせの際は、「イプロスを見て連絡しました」とお伝えいただくとお話がスムーズに進みます。

大森北口ビル

  • 大森北口ビル

事業内容

「ステンレス配管」は、耐久性、強度に優れクリーンは配管の代表です。
その接合は、溶接やねじ込みによるもので、技術あるいは設備の専門性が高いことから産業配管用として使用され、一般配管に使用されることは希でした。
しかしながら、ベンカンのステンレス配管「メカニカルジョイント」は、その構造や専用工具を使用することで、作業者個人の技能に左右されることなく配管接合の施工品質を均一化させることが可能です。
現在、ベンカンのステンレス配管「メカニカルジョイント」は、給水、給湯、空調配管を中心に戸建住宅・集合住宅などの住まいや病院、警察署、消防署、官公庁舎、福祉施設、学校、ホテル、商業、インテリジェントビルなどの多様化する各施設に幅広くご利用いただいております。

主要取引先

  • 株式会社浅井
  • 粟井機鋼株式会社
  • イシグロ株式会社
  • 株式会社オータケ
  • 岡谷鋼機株式会社
  • 株式会社古島
  • 斎長物産株式会社
  • 三興バルブ継手株式会社
  • JFE商事鋼管管材株式会社
  • 日本管材センター株式会社
  • 日本継手販売株式会社
  • 橋本総業株式会社
  • 冨士機材株式会社
  • 株式会社メタルワン鋼管

ベンカンへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

添付資料

お問い合わせ内容[必須]

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社ベンカン (ステンレス配管メカニカルジョイント)


  • アイボルトをはじめ、重量積載物の吊り具ならルッドリフティングジャパンへ
  • 富士通エフ・アイ・ピーの平面骨組計算システム「FREMING」は線形・非線形・シールドトンネルモデル化にも対応!無料試用版も

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー