株式会社マノール ロゴ

株式会社マノール

      企業情報を印刷
      株式会社マノール 企業イメージ

      株式会社マノール 企業イメージ

      セメント混和・助材総合メーカー

      明治43年(1910)創業者矢中龍次郎は、当時の満州大連市に市立化学研究所を設立し、満州特産”大豆”の化学的応用研究に着手。種々の発明、考案をもたらしたが、その中でも最も重要性に秀でるセメント防水剤の成果 については、多雨多湿の日本内地において、その活用が必要であると痛感し、大正10年(1921)東京に拠を移して、東京府荏原郡荏原町大字蛇窪(現本社地)に油脂化工社を設立。「マノール」の商標を得て本格的に製造販売を開始して今日の会社の基礎を築くこととなった。
      昭和30年(1955)初代社長 矢中龍次郎はセメント防水剤製造法の発明の功により紫綬褒章を受章の栄誉に浴し、名実共に斯界のトップとしての地歩を固めることとなった。
      昨今の技術革新による材料、工法の進歩は顕著なものがあるがますます多様化するニーズに対応するため、多彩 な研究開発活動を積極的に推進するとともに、堅実経営をモットーとして企業基盤の強化に専心している。

      事業内容

      建築関連資材、セメント混和剤の助材の製造、販売
      土木シールド用裏込、泥漿材の販売、施工
      各種防水工事責任施工

      詳細情報

      製品・サービス(54件)一覧

      カタログ(62件)一覧