株式会社あかり産業 ロゴ株式会社あかり産業

最終更新日:2020/06/10

  • 製品カタログ
  •  
  • カタログ発行日:2020/6/10

国産LEDフレキシブルライト「ボーダーHミニ・インドア」Vol.1

基本情報国産LEDフレキシブルライト「ボーダーHミニ・インドア」

8mmネオン管に近いミニマム設計!屋内の電飾用途に最適な国産LEDフレキシブルラインライト!高級感ある空間演出ができます。

国内設計/生産されたLEDフレキシブルライトになります。
8mmネオン管に近いスリムな設計で狭小スペース内への施工ができます。

屋内商空間に適したLEDフレキシブルライト「ボーダーHミニ」

屋内商空間に適したLEDフレキシブルライト「ボーダーHミニ」 製品画像

最長2.5mまで製作可能な発光幅9mmのミニマム設計のLEDネオンライトになります。
一般的なLEDテープライトとは異なり、発光面に対して横方向に曲げられる製品で曲線面でもきれいに取り付けられます。

また、付属チャンネルにて取り付けることでスタイリッシュな仕上がりに!ドット感のない高級感ある上品な空間演出ができます。

チャンネル取付時のサイズは幅:12mm×高さ:25mmとコンパクトな設計で
狭小スペース内への施工もできます。

付属チャンネルをビスで固定し、灯具をはめるだけの簡単取付で施工時間の短縮にもなります。

色温度は2700K / 3000K / 4000K / 4500Kと空間演出を損ねない落ち着いた色温度をラインナップ!

日亜化学製のマクアダム-3STEPのLEDを採用しておりますので色ムラのない綺麗なラインを演出します。

ご興味のある方は下記までお気軽にお問い合わせください。
 (詳細を見る

価格帯 お問い合わせください 納期 1週間以内

アイコン 屋内商空間に適したLEDフレキシブルライト「ボーダーHミニ」 CAD一覧

型番 概要 CADダウンロード
AKS-TLIV-BH1-○○K-*** 2D
DWG : 848KB

チェックしたものをまとめて 

海外製テープライトと当社プロテープライトの違いとは

海外製テープライトと当社プロテープライトの違いとは 製品画像

市場には多くのテープライトがありますが、仕様書が不明確なものが多く、性能を比較できないことがあります。

国内メーカーで購入すると1mあたり1万円以上しますが、通販サイトで販売されているテープライトは大半が1mあたり3000円程度で購入できます。

当社では国内工場で生産されたテープライトを低価格で販売をしておりますが、国産と海外製テープライトとの違いは何なのでしょうか?

今回、海外製テープライトと当社プロテープライトの違いを探るべく、工業試験場にもあるような設備を使って試験をしながら実際の性能を検証しました。

詳細につきましては下記「海外製テープライトVSプロテープライト」よりご確認ください。 (詳細を見る

取扱会社 国産LEDフレキシブルライト「ボーダーHミニ・インドア」

株式会社あかり産業

◆住宅/店舗等、屋内用の間接照明の販売 ◆LEDネオンライトの販売 ◆LED照明器具のインターネット通信販売 【主な取扱製品】 ■ご希望の明るさに合わせて選べるLEDテープライト  「プロテープライトシリーズ」 ■屋外常設可能!ライン光源に最適なLEDネオンライト  「ボーダーVシリーズ」 ■屋内の電飾用途にオススメ!ミニマム設計のLEDフレキシブルラインライト  「ボーダーHミニ・インドア」 当社製品ラインナップURL:https://tapelight-jp.com/lineup.html#003 【当社製品のこだわり】 ■色ムラの少ない透明感のあるきれいなあかりを放ち、高級感のある空間演出ができます。 ■電圧降下を最小限まで抑えた、最長10mのLEDテープライトをご希望の長さに加工してお届けします。 ■国内工場での生産により不良率を最小に低減し、現場でのトラブルを最小限に抑えます。

国産LEDフレキシブルライト「ボーダーHミニ・インドア」へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社あかり産業


キーマンインタビュー