日本ヒルティ株式会社 ロゴ日本ヒルティ株式会社

最終更新日:2019/01/16

  • 製品カタログ
  •  
  • カタログ発行日:2018/12/25

ファイヤーストップシステム CFS-SP WB ジョイントスプレー

基本情報ファイヤーストップシステム CFS-SP WB ジョイントスプレー

遮煙・遮ガス、遮音、止水性を持つ画期的耐火塗布材

用途
●カーテンウォール層間ふさぎでの遮煙・遮ガス・止水・遮音・防湿など
●デッキスラブ下部と乾式壁の取り合いでの遮煙・遮ガス・遮音・防湿など
●エレベーターシャフトまわりでの遮煙
●遮ガス性能を応用した防臭措置

特長
● 水溶性なので取扱いが簡単
● 施工が容易
● 高い変形追随性能
● ロックウールと併用で2 時間耐火(米国UL 認定)取得 (ASTM E2307)
● ロックウールと併用で90 分耐火(欧州ETA 認証)取得 (ETA-11/0343)

『ファイヤーストップシステム』

『ファイヤーストップシステム』 製品画像

建物内の火災に対する安全性を確保する上で、
重要な役割を担う要素のひとつ「防火区画」。
その区画貫通部には、法律で定められた“防火措置”が必要です。

『ファイヤーストップシステム』は、区画貫通部向けの防火措置工法。
両面アクリル系樹脂塗装を施したロックウール保温板に、
弱熱膨張性の耐火シーラントを使用し、高い耐火性能を実現しています。

耐火構造別に7つの防火措置工法をラインアップし、
すでに国内外で多くの施工実績があります。

【防火区画貫通部・防火措置工法により…】
■火災による人的被害および財産の損失というリスクを抑制します。
■煙・有毒ガスおよび火を一定時間閉じ込めます。
■消防隊が到着するまでの時間を確保することができます。
■避難経路を確保できます。

※「PDFダウンロード」より技術解説資料をご覧いただけます。 (詳細を見る

ヒルティ防火措置工法|層間ふさぎ

ヒルティ防火措置工法|層間ふさぎ 製品画像

■ヒルティ工法の特徴・メソット

● トータルコストの削減に寄与
● 高い防耐火性能を実現(欧米認証取得)
● 水溶性で取り扱い・施工が容易(スプレー吹付)
● 硬化後高い追随変形性能(伸縮性能・耐震性)
● 遮煙性能・耐ガス浸透性、耐水性・水密性能に優れている
● 遮音性能・経年変化(30年以上)特性を発揮 (詳細を見る

ヒルティ防火措置工法|ケーブルコーティング

ヒルティ防火措置工法|ケーブルコーティング 製品画像

ケーブル火災について

・建築物の大型化、高層化や情報網の発展により、電力ケーブル、通信ケーブル等がますます大量に使用されるようになってきた昨今、ケーブルが関与する大火災発生の危険性が大きくなってきています。
・ケーブル火災の恐ろしさは、いったん火災が発生するとケーブル線路に沿って燃え広がり、ケーブル線路の延焼防止措置が不十分な場合は、縦横に火災が拡大することにあります。また、ケーブルの被覆材は燃焼する際に塩化水素ガスや一酸化炭素等有毒なガスを発生するため、尊い人命をも奪うことになりかねません。
・ケーブル火災を防止する観点から、建築物内のケーブル配線について適切な防火措置を行うことが必要です。
 (詳細を見る

取扱会社 ファイヤーストップシステム CFS-SP WB ジョイントスプレー

日本ヒルティ株式会社

建設用レーザー・鉄筋探査機製品、ドリル・ハツリ製品、研削・切断製品、ダイヤモンド製品、建設用鋲打機製品、アンカー製品、建設用ケミカル製品等の輸入販売、グレーチング、ケーブルトレイサポート留付用製品、建設機械レンタル会社によるヒルティ製品のレンタル

ファイヤーストップシステム CFS-SP WB ジョイントスプレーへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

日本ヒルティ株式会社


キーマンインタビュー