ビイック株式会社 ロゴビイック株式会社

最終更新日:2019/02/20

  • その他資料
  •  

地盤調査オプション『表面波探査法』

基本情報地盤調査オプション『表面波探査法』

今、地震対策は地盤から!調査地がどの程度ゆれるかを計算する事が出来ます。

『表面波探査法』は、新たに家を建てる前に、人工的に地震を発生させて、
地盤がどれくらい揺れるか、それに対して建物の強度は適切かが分かる
サービスです。

地震の大きさは、震源から離れていても地盤の硬さによって
大きくなることがあります。
当探査法を行う事によって、調査地がどの程度ゆれるかを計算する事が
出来ます。

新築建築時に必要な耐震性の目安が分かります。

【特長】
■変位量の結果をもとに耐震基準毎に無損傷~全壊までの5段階で損傷目安を推定
■損傷目安を知り、地震の被害・大きさを想定しその地盤に適した耐震設計を行える

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

地盤調査オプション『表面波探査法』

地盤調査オプション『表面波探査法』 製品画像

地震被害は、地震自体の大きさと地盤の硬さによって変わります。
2011年に発生した東日本大震災において、震源から離れた地域であっても、建物の損傷や倒壊の被害が発生しています。この要因の1つとして地盤の硬さが原因であったと考えられます。地震の大きさは、工学的基盤(地震波が400m/s以上で伝わる層)で発生した地震が、地盤中を伝わる際の地盤強度と層厚によって変わります。つまり、地盤が軟らかく、その層厚が厚いと地盤のゆれは、大きくなります。

地盤のゆれやすさ調査は、「表面波探査」による地盤調査結果から、地震力を求めるために必要な係数Coを算出します。
調査地の地盤状況を加味した地震力を求める事が可能です。 (詳細を見る

取扱会社 地盤調査オプション『表面波探査法』

ビイック株式会社

地盤調査機器(表面波探査)製造販売 住宅地盤調査(表面波探査) 耐震計測機器(動的耐震計測)製造販売 動的耐震計測業務 地盤減震システムの開発・販売

地盤調査オプション『表面波探査法』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

ビイック株式会社


キーマンインタビュー