スターライト工業株式会社 ロゴスターライト工業株式会社セーフティ・ライフサポートカンパニー

最終更新日:2021/07/08

  •  
  •  

くらしを守り、すみ分ける「動物被害対策装置 YOKEMOT」

基本情報くらしを守り、すみ分ける「動物被害対策装置 YOKEMOT」

野生動物の侵入に困っていませんか?薬液・光音により威嚇する野生動物対策装置をご紹介

『野生動物対策装置』は、ヘルメット・衛生設備機器などの
開発・販売を行うスターライトが取り扱う製品です。

動物が嫌がるにおいを発する、薬液噴射機能付。
植物由来の薬液は、人体・田畑にも安心です。

さらに、ソーラーパネルで外部電源が不要なほか、
半径約8mまで効果を発揮します。

【特長】
■薬液・光音により威嚇
■薬液噴射機能付
■ソーラーパネルで外部電源が不要
■半径約8mまで効果を発揮
■360°接近を感知
■堅牢なステンレス筐体

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

くらしを守り、すみ分ける「動物被害対策装置 YOKEMOT」

くらしを守り、すみ分ける「動物被害対策装置 YOKEMOT」 製品画像

『野生動物対策装置』は、ヘルメット・衛生設備機器などの
開発・販売を行うスターライトが取り扱う製品です。

動物が嫌がるにおいを発する、薬液噴射機能付。
植物由来の薬液は、人体・田畑にも安心です。

さらに、ソーラーパネルで外部電源が不要なほか、
半径約8mまで効果を発揮します。

【特長】
■薬液・光音により威嚇
■薬液噴射機能付
■ソーラーパネルで外部電源が不要
■半径約8mまで効果を発揮
■360°接近を感知
■堅牢なステンレス筐体

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

ゴルフ場を守り、すみ分ける『野生動物対策装置 YOKEMOT』

ゴルフ場を守り、すみ分ける『野生動物対策装置 YOKEMOT』 製品画像

支配人やグリーンキーパーを悩ます動物被害に新提案

■シカにグリーンを踏み荒らされ、毎朝の補修が負担
■イノシシに掘り起こされてコースの状態が悪くなり、お客様の満足度が下がっている
■対策をしたいが、すぐに大規模な設備投資ができない

↓↓↓ YOKEMOTが解決! ↓↓↓

(1)業界初!薬液噴射で動物を近づけない
  ・動物が本能的に嫌うハバネロ成分を使用!そのため回避効果がずっと持続
  ・植物由来の成分なので、ゴルフ場の芝を傷めない!

(2)たった1時間で、どこにでも設置可能
  ・10kgの本体を地面に固定するだけ!
  ・ソーラーパネルのため電源工事不要!電気柵が置けない場所でも設置可能

(3)野生動物が侵入してくる夜間のみ作動し、ゴルファーへの危険性なし

(4)柵の開口部からの侵入を見逃さない
  ・広範囲(半径約8m)の野生動物接近を検知

(5)ヒトと野生動物との共生へ
  ・野生動物を傷つけず、お互いの生活圏を“すみ分ける”

※詳しくはカタログをダウンロードください。
※試験設置も可能です。ご希望の方はお問い合わせください。
 (詳細を見る

農作物を守り、すみ分ける『野生動物対策装置 YOKEMOT』

農作物を守り、すみ分ける『野生動物対策装置 YOKEMOT』 製品画像

野生のイノシシやシカは年々増え続け、農作物被害が深刻に。
農家の方が日々大事に育てた農作物を、YOKEMOTが守ります!
―――――――――――――――――――
野生動物による農作物被害(令和元年度)
・被害面積 約48.4千ha(琵琶湖面積の約2/3に相当)
・被害総額 約158億円(約6万人の年間食費に相当)
―――――――――――――――――――

(1)天然由来の薬液を噴射!作物にやさしく、動物は嫌忌!
 ・光や音での威嚇に加え、ハバネロ成分配合の薬液を噴射!
  動物が本能的に嫌う刺激臭だから回避効果がずっと持続
 ・薬液は動物接近時のみ自動で噴射!ムダなく効果を発揮

(2)薬液タンクの交換だけの簡単メンテナンス
 定期的な雑草除去や電圧チェックが必要な電気柵に比べて管理が楽!

(3)大規模工事が不要
 ・10kgの本体を地面に固定するだけ
 ・ソーラーパネルのため電源工事不要!どこでも簡単設置

(4)野生動物が侵入してくる夜間のみ作動し、農作業者への危険性なし

(5)柵の開口部からの侵入を見逃さない
 広範囲(半径約8m)の動物接近を検知 (詳細を見る

列車接触事故を防ぎ、すみ分ける『野生動物対策装置YOKEMOT』

列車接触事故を防ぎ、すみ分ける『野生動物対策装置YOKEMOT』 製品画像

野生動物と列車との接触事故は安全運行に影響するだけでなく、作業員の大きな負担に

■野生動物との衝突事故によるダイヤの乱れや車両の損壊
■過酷な忌避剤散布作業
■心身ともに負担が大きい事故後の処理

↓↓ YOKEMOTが解決! ↓↓

(1)薬液を自動噴射し野生動物を近づけない
 ・動物が本能的に嫌うハバネロ成分を使用!そのため回避効果がずっと持続
 ・薬液を自動で噴射するため、作業員による散布が不要に!

(2)薬液タンクの交換だけの簡単メンテナンス
 定期的な雑草除去や電圧チェックが必要な電気柵に比べて管理が楽!

(3)たった1時間で、どこにでも設置可能
 ・10kgの本体を地面に固定するだけ!
 ・ソーラーパネルのため電源工事不要

(4)柵の開口部からの侵入を見逃さない
 ・広範囲(半径約8m)の野生動物接近を検知
 ・柵が設置できない川や用水路周辺の切り抜き部分にも設置可能

(5)ヒトと野生動物との共生へ
 野生動物を傷つけず、お互いの生活圏を“すみ分ける”

※詳しくはカタログをダウンロードください。 (詳細を見る

ロードキルを防ぎ、すみ分ける『野生動物対策装置YOKEMOT』

ロードキルを防ぎ、すみ分ける『野生動物対策装置YOKEMOT』 製品画像

安全な道路環境をサポート!野生動物との自動車接触事故をYOKEMOTが防ぎます。

<車と動物の事故「ロードキル」は年間約5万件も!>
野生動物が道路に入ることで起こる
クルマとの衝突事故や、後続車による二次災害を防ぎます。

↓ ロードキル防止に加え、交通管理隊の負担も軽減 ↓

(1)業界初!薬液噴射で動物を近づけない
 ・光や音での威嚇に加え、ハバネロ成分配合の薬液を噴射!
  動物が本能的に嫌う刺激臭だから回避効果がずっと持続
 ・薬液は天然由来成分のため、周辺環境への影響無し

(2)たった1時間で、どこにでも設置可能
  ・10kgの本体を地面に固定するだけ!
  ・ソーラーパネルのため電源工事不要!電気柵が置けない場所でも設置可能

(3)野生動物が活発化する夜間のみ作動

(4)柵の開口部からの侵入を見逃さない
 広範囲(半径約8m)の動物接近を検知

(5)ヒトと野生動物との共生へ
 野生動物を傷つけず、お互いの生活圏を“すみ分ける”

※詳しくはカタログをダウンロードください。
※試験設置をご希望の方はお問い合わせください。 (詳細を見る

取扱会社 くらしを守り、すみ分ける「動物被害対策装置 YOKEMOT」

スターライト工業株式会社 セーフティ・ライフサポートカンパニー

■トライボロジー事業 ■モビリティソリューションズ事業 ■セーフティ・ライフサポート事業 ヘルメット 開発・販売 衛生設備機器 開発・販売 災害備蓄トイレ 開発・販売

くらしを守り、すみ分ける「動物被害対策装置 YOKEMOT」へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

スターライト工業株式会社 セーフティ・ライフサポートカンパニー


キーマンインタビュー