株式会社ESP

最終更新日:2017-10-19 15:06:57.0

  • その他資料
  •  

石垣や護岸補修・補強『施工方法実例』

基本情報石垣や護岸補修・補強『施工方法実例』

石垣や護岸補修・補強『施工方法実例』をご紹介

石垣や護岸補修・補強『施工方法実例』をご紹介しています。

護岸、水路、宅地等の石積み・石垣老朽化に対して、現地にてプラントを設置。
目地及び亀裂等から透水性・強度・耐久性および施工性に優れた トースイCONを注入充填し石積みの安定を保ちます。

目地から排水することでパイピング現象を抑えることが可能。
景観形成を維持しつつ崩壊の保全・整備を目的とし行っております。

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

石垣や護岸補修・補強『施工方法実例』 12事例紹介

石積石垣補修・補強や護岸補修補強などを行っている、株式会社ESPの『施工方法』を紹介しています。

護岸、水路、宅地等の石積み・石垣老朽化に対して、現地にてプラントを設置。
目地及び亀裂等から透水性・強度・耐久性および施工性に優れた トースイCONを注入充填し石積みの安定を保ちます。

目地から排水することでパイピング現象を抑えることが可能。
景観形成を維持しつつ崩壊の保全・整備を目的とし行っております。

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

NETIS登録『トースイCON充填工法』※施工方法12事例ご紹介

『トースイCON充填工法』とは、景観形成を維持しつつ、既設構造物の保全・整備を目的として行う施工方法です。

護岸、水路、宅地等の石積み・石垣老朽化に対して、現地にてプラントを設置し、目地及び亀裂等から透水性・強度・耐久性および施工性に優れたトースイCON(骨材・セメント・水・B.CON+S)を注入充填し石積みの安定を保ち、目地から排水することでパイピング現象を抑えることが可能になります。
使用材料を変更することで遮水も可能です。

カタログでは、広域河川改修工事や護岸修繕業務、河川災害復旧工事、漁港修繕工事など、施工方法12事例を掲載しています。

【特長】
■背面水の排出が可能
■河川断面を侵さない
■狭小箇所の施工が安易
■プラントヤードが狭小
■圧送ホースの延伸により広範囲の施工が可能

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

取扱会社 石垣や護岸補修・補強『施工方法実例』

株式会社ESP

■護岸補修補強 ■河川補修補強 ■水路補修補強 ■海岸保全 ■石垣補修補強 ■護岸維持補修補強 ■河川維持補修補強 ■水路維持補修補強 ■護岸維持管理 など

石垣や護岸補修・補強『施工方法実例』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社ESP


  • 室内に入り込む日射熱を約86%カット!外付けロールスクリーン ソヨカ
  • EARLY SUMMER SALE

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー