株式会社東日製作所 ロゴ株式会社東日製作所

最終更新日:2020/05/14

  • 製品カタログ
  •  
  • カタログ発行日:2019/11/28

ポカヨケ(締め忘れ防止)用マーキングトルクレンチ総合カタログ1911D

基本情報ポカヨケ(締め忘れ防止)用マーキングトルクレンチ総合カタログ

カチン!と締めれば自動的に規定トルクで締めた証拠を残し、工場内の次工程だけでなく出荷後まで分かる、東日のマーキングトルクレンチ

【2019/11発行の最新版】東日のマーキングトルクレンチ総合カタログです。
ただ製品を並べただけでなく、締め忘れ防止システムや締付けデータ管理システムの構築例やマーキングトルクレンチの選び方、製品仕様、オプション品、製品の特長などを画像を多用して解説。
掲載製品は、六角ボルト用のMPQL(プリロック形)・MQL(プリセット形)・MQSP(単能形)、六角穴付きボルト用のCMQSP(単能形)を掲載。
エンドユーザー様だけでなく商社の営業マンにも是非ご一読していただきたい内容となっています。
◆PDFの画像などには、東日Webサイトへのリンクがあり、クリックするだけで詳細情報をご覧いただけます。
◆◆電子ブックには対応していません◆◆

■東日製作所は1954年に日本で初めてプリセット形トルクレンチのQL型を開発しました。(注)
(注:国立科学博物館 産業技術資料データベース から)

六角ボルト用マーク式ポカヨケトルクレンチMPQL/MQL

六角ボルト用マーク式ポカヨケトルクレンチMPQL/MQL 製品画像

■設定トルクに達すると自動的にボルト頭部にマークをつける、ポカヨケ(ねじの締め忘れ防止)用トルクレンチです。
■ここがポイント!:設定トルクに達しなければマークしません。今までの「トルクレンチ+締めた後に作業者がペンでマーキング」で、『本締めしないでマークを付けてしまった』と言うポカミスが防止でき、作業を間違いなく素早く行えます。
■ラインのインターロック制御に対応した、「マーキング+有線式ポカヨケ」のMPQLLSや、世界の多くの国で使えるFH式発信機を搭載した、「マーキング+無線ポカヨケ」のMPQLFH、『マーキング+カチン時のトルクデータを無線送信』する「ポカヨケ+エビデンスを残す」複合モデルのMQSPFDDにも受注時生産品で対応できます。
■トルク機器の専業メーカーならではの細分化された豊富なシリーズラインナップ。目的にあった最適なツールが選択でき、作業効率がアップします。
■デモ品の用意もあります。お声がけください。
■マーキングトルクレンチの選び方
( https://www.tohnichi.co.jp/product/option/mpql.html )
 もご覧ください。 (詳細を見る

価格帯 1万円以上 10万円未満 納期

単能形スパナ交換ヘッド式マーキングトルクレンチ MCSPシリーズ

単能形スパナ交換ヘッド式マーキングトルクレンチ MCSPシリーズ 製品画像

【速報!画像追加】MCSPが六角穴付きボルト(キャップスクリュー)にも、特殊交換ヘッド(受注時生産品)で対応可能。ボルト頭部側面からワークにマーキングするので回転緩みのチェックが狙えます。詳細はお問い合わせください。

◆ナットのポカヨケに待望の「ナット用マーキングトルクレンチ」。◆
東日の単能形スパナ交換ヘッド式マーキングトルクレンチ MCSPシリーズは、設定トルクに達するとで自動的に締付完了マークをナット(ボルト)側面角部にマーキングして締め忘れを防止します。

【特長】
1)作業工数の低減:締付け後にペンでマーキングする作業を削減できます。
2)簡単で確実:設定トルクに達すると自動的にマーキング。また、設定トルクに達しなければマーキングしないので、『仮締めだけでマークを付けてしまう』といったヒューマンエラーが撲滅できます。
3)エビデンス(証拠)が残る:後工程や出荷後でも締めた証拠が一目で分かります。
4)同一トルクでの繰り返し締付け作業に最適な単能形トルクレンチ。(トルク目盛無し)
※詳細は「MCSPカタログ」をご覧ください。 (詳細を見る

価格帯 1万円以上 10万円未満 納期

六角ボルト締め忘れ防止用単能形トルクレンチMQSPシリーズ

六角ボルト締め忘れ防止用単能形トルクレンチMQSPシリーズ 製品画像

【マーキングトルクレンチ総合カタログもあります】
締め忘れ防止システムや締付けデータ管理システム(マーキングと同時に締付けトルクデータを無線伝送するMQSPFD/MQSPFDD(※受注時製作品))やマーキングトルクレンチの選び方、オプション品、製品の特長などを解説】

◆ラチェットヘッド付単能形トルクレンチ「MQSPシリーズ」の特長◆
■設定した締め付けトルクに達すると『自動的』に「締め付け完了マーク」を付けます。
■組み立ての後工程だけでなく、製品出荷後まで「規定のトルクで締め付けられた証拠」が残ります。
■従来のトルクレンチの締め付け作業の後に、ペンなどでマークを付ける作業が低減できるだけでなく、ペンでの『マーク付け忘れ』と言うヒューマンエラーが防止できます。
■単能形トルクレンチですので、同じボルト(締め付けトルク)の繰り返し締め付け作業の多い『生産ライン』に最適。
■単能形はトルク目盛が無いのでシンプル&ローコスト。
■専業メーカーならではの細分化されたシリーズラインナップ。大きすぎず/小さすぎず作業に最適な標準化された工具が選択可能。 (詳細を見る

価格帯 1万円以上 10万円未満 納期

キャップスクリュー用マーキングトルクレンチCMQSPシリーズ

キャップスクリュー用マーキングトルクレンチCMQSPシリーズ 製品画像

■ポカヨケ用トルクレンチ。一目で締め付けOK!がわかります。
■キャップスクリュー(六角穴付ボルト)に合いマークをつけます。(デモ機もあります。実際に貴社のワークでマークをご確認ください。)
■設定されたトルクにて自動的にマーキングされますのでマークの付け忘れ無し。マーキング作業の廃止が可能です。
■ここがポイント!:設定トルクに達しなければマークしません。今までの「トルクレンチ+締めた後に作業者がペンでマーキング」で、『本締めしないでマークを付けてしまった』と言うポカミスが防止できます。
■合いマークですので、ボルトの回転緩み・人為的な緩めのチェックになります。
■社内の後工程だけでなく、製品出荷後も『正しく締められた証拠』として残ります。
◆ナット用のマーキングトルクレンチMCSPでも、特殊交換ヘッド〔受注時製作品〕により、六角穴付きボルト(キャップスクリュー)にも対応できます。ボルト頭部側面からワークにマーキングするので、回転緩みのチェックも狙えます。詳細はお問い合わせください。
◆デモ機もあります。実際に貴社のワークでマークをご確認ください。 (詳細を見る

価格帯 1万円以上 10万円未満 納期

小ねじ締め忘れ防止用マーキング式ポカヨケトルクドライバMNTD

小ねじ締め忘れ防止用マーキング式ポカヨケトルクドライバMNTD 製品画像

世界初!(注)お客様からのご要望にお応えし開発。ようやく市販できました。
(注:日刊自動車新聞2015/10/10号 、PAT.PEND)
単能形非空転式マーキングポカヨケトルクドライバ『MNTDシリーズ』。
◆締付け完了マークの有無で締め忘れが発見でき、締め忘れが防止できます。
◆従来の「トルクドライバで締付け」作業後に「ペンでマーキング」する作業が1つに集約できるので、生産性が向上します。
◆設定トルクに達すると自動的にマーキングするので、マークの付け忘れが無くヒューマンエラーの防止になります。
◆規定トルクで締めた証拠が後工程や出荷後も一目で分かります。
◆1本のマーカー(別売)で約1000回マーキング可能。色は赤・青が選べます。
◆マーカーの位置が調整できるので、様々なねじに対応できます
◆MNTDシリーズ専用のプラスビットと六角ビットを計7種用意。(別売)
◆締め上げ時の空転に伴う衝撃が少ないLTD/NTDシリーズと同じ非空転式(クリックタイプ)のトルクドライバです。
◆小ねじ頭部のマークは工業用CCDカメラ等により画像検出でき、無人検査システムにも対応可能です。 (詳細を見る

価格帯 1万円以上 10万円未満 納期

トルクレンチの校正啓蒙ポスター

トルクレンチの校正啓蒙ポスター 製品画像

【トルク機器の管理者や作業者向け教育の参考資料です】
◆トルクレンチはノギスやマイクロメーターと同じ計測器です。
◆正確に測るためには、ご使用になるトルクレンチが正しい値を示していることが重要です。その為には定期的に校正を行い、正しい値と比較することが必要です。
◆校正して精度が悪い場合には、修理や調整が必要となります。
○校正啓蒙ポスターのPDFを登録しました。ダウンロードしてご活用ください。 (詳細を見る

東日ヘッド交換式トルクレンチ用モンキ形交換ヘッドAHシリーズ

東日ヘッド交換式トルクレンチ用モンキ形交換ヘッドAHシリーズ 製品画像

2015/5/21にAH10Dシリーズを2機種追加新発売!東日AHシリーズは全8機種。5~140Nmのトルク管理に対応できます。
◆東日のアジャスタブル(モンキタイプ)交換ヘッドなら、狭い部分のトルク管理でも作業がしやすいように、最適なサイズを選べます。
◆メンテナンスなどでスパナ型交換ヘッド(例えばSHシリーズ)を数種類持ち歩いていた場合には、AHに集約できることも数多くあり、作業効率も向上します。
☆今お使いになっている東日製【x10D、x12D、x15Dシリーズのヘッド交換式トルクレンチ】に接続できますので、ローコストでトルク管理が行えます。※下のラインナップに推奨トルクレンチがあります。
☆今までの特殊仕様(二面幅寸法)のトルク機器がAHに置き換え可能ならば、ローコストでトルク管理の導入可能部位が増えて品質向上が期待でき、また管理も簡単になります。
☆特殊仕様品を製作する為の納期がありませんので、万が一の緊急時のトルク管理にも対応できます。
■東日製作所は1954年に日本で初めてプリセット形トルクレンチのQL型を開発しました。(注)
(注:国立科学博物館 産業技術資料データベースから) (詳細を見る

価格帯 1万円以上 10万円未満 納期

有線式データ伝送単能形トルクレンチ「CSPLDシリーズ」

有線式データ伝送単能形トルクレンチ「CSPLDシリーズ」 製品画像

有線式データ伝送単能形トルクレンチ「CSPLDシリーズ」は、締付け作業で設定トルクに達すると「カチン!」で自動的に締付けトルクを『有線で』伝送し、締付けトルクの管理が簡単に行えます。
◆CSPLDシリーズの特長◆
【1:手元で合否判定がわかる!】
締付けトルクの合否判定結果を本体LEDで表示。作業者の手元で容易に確認できます。※合否判定LEDを点灯させるには、別途トルク表示器「CD5」が必要です。
【2:作業者に使用工具の指示が行える。(ツールガイダンス機能)】
合否判定用LEDは、締付作業者に対して「使用すべき工具をLED点灯で知らせる」ツールガイダンス機能も兼ねます。※使用工具指示を行うには別途管理用ソフトが必要です。
【3:有線で高い作業性と信頼性】
従来のCSPDシリーズと比較しトルク値出力部を約60%(容積比)低減。さらにカールコードを採用し、断線を防止して確実に締付けトルクデータを伝送します。 (詳細を見る

価格帯 10万円以上 50万円未満 納期

東日 空転式単能形トルクレンチQSPCAシリーズ

東日 空転式単能形トルクレンチQSPCAシリーズ 製品画像

□2Nm~70Nmまでシリーズ4機種。有線ポカヨケや無線ポカヨケ(受注時生産品)も各4機種をラインナップし、『締付け不足』『締めすぎ』『締め忘れ』を撲滅する『3ないトルクレンチ』です。
□「締めすぎ」の多い小径ボルトのトルク管理に実績多数。
□作業者教育が行き届かない、特に海外の生産拠点で高い評価をいただいています。
■簡単操作。設定トルクに達すると「カチン!」と空転して締付完了。
■急いで締めても大丈夫。設定トルクに達すると空転するだけ。
■締付けトルクの変更は、専用工具(別売品No.931/No.930)でしか行えないので、思いがけない設定トルクの変更によるトラブルを防止。
■ESD(静電気放電)対応(IEC 61340-5-1:2007)
■どこを持って締めても締付けトルクは変化せずに一定。
■締め忘れ防止用のポカヨケトルクレンチも大幅拡充。有線式の「QSPCAMS/QSPCALSシリーズ」は標準ラインナップ。無線の「QSPCAFHP/QSPCAFHM」は受注時製作品で対応。
◆QSPCAFHP/QSPCAFHはFHM/FHシリーズの受信機と設定ボックスが流用可能。 (詳細を見る

価格帯 1万円以上 10万円未満 納期

大容量全自動エアトルクAP2

大容量全自動エアトルクAP2 製品画像

◆2017/3に大容量全自動トルクレンチ「エアトルク」APシリーズはAP2シリーズにリニューアル。耐久性が向上しました。
■省力化に最適。大型ボルトのトルク管理を引き金を引くだけで素早く正確に行えます。
■自動変速機を搭載。仮締めは高速で、本締めは低速で確実に行います。
■インパクトレンチのような衝撃音がありません。
■「こんな問題」を解決します。
インパクトレンチの多くは、締め付け力の設定は『1〜5』等の[強弱ダイヤル]で【単位】がありません。例えば[強弱ダイヤル=1]に設定しても、A社のインパクトレンチとB社の電動ドライバでは締め付け力が同じと言う保証は全くありません。それどころか同一メーカーでも機種によっては強弱ダイヤルとトルク値の互換性があるかどうか・・・
   −−−そこが品質を重視する企業の製造現場にとっては大問題なのです。−−−
■東日のAP2は【トルク単位のNm目盛】が付いているから安心なのです。<<校正証明書付属>>
☆APシリーズは1981年に発売開始し、高速・高精度の大容量空圧式締付機として好評です。 (詳細を見る

【最新カタログ】東日トルク機器総合製品案内2020.03

【最新カタログ】東日トルク機器総合製品案内2020.03 製品画像

東日トルク機器総合製品案内2020.03版は『最新の価格表付カタログ』です。

新製品では2020/3/6に出荷を開始した「大型車ホイールナット締付け管理システム『TWMS』」をP20に掲載。

・P16:トルクドライバとトルクレンチを混用する「締め忘れ防止(ポカヨケ)システムの例
・P17:「トルクレンチの力のかけ方」
・P38:「締付データ管理システムの例」
・P47:「トルクレンチの日常点検と校正」
・P48:単能形特殊品トルクレンチ ご注文の仕方
・P57:動力式トルクツールの日常点検・校正について
・P86-87:JCSS校正関係
・P88:『プリセット形・単能形・プリロック形トルクレンチの違い』

さらに延べ参加者は3050社/7868人を超え、業務で直ぐに役立つと好評な「東日トルク講習会」の2020年12月までのスケジュールと申込書をP84-85に掲載。

PDFでは多くの製品画像や仕様表などに東日Webサイトの対応する製品ページへのリンクが貼ってあります。
※PDFはAcrobat7.x以降で閲覧可能です。
【電子ブックには非対応です】 (詳細を見る

価格帯 お問い合わせください 納期 1週間以内

【改定新版・無料進呈】東日 トルクハンドブックvol.9

【改定新版・無料進呈】東日 トルクハンドブックvol.9 製品画像

トルクハンドブックは一般的な製品カタログとは異なり、技術資料やトルク管理の事例を多くまとめた製造業向けの冊子です。市販の技術書籍では「ねじ締結体設計」が多いようですが、トルクハンドブックは製造業の研究・開発/設計/生産技術/品質管理(保証)/アフターサービス業務に従事し「トルク管理」、「ねじ締結」等に関連した方々を対象とし、トルク機器の運用・管理に役立つ実用的な技術資料を数多く掲載した、他に例を見ないユニークな冊子です。
【vol.9の特長】
1)最新の技術資料
2)最新の製品情報・製品画像・使用例画像に多数更新
3)創業70周年記念
☆2019年5月に東日製作所は創業70周年を迎えました。当社の年表を「History of TOHNICHI」としてまとめました。また巻頭ページでは、当社工場の生産現場やトルク校正室、開発現場を掲載。さらに『あらゆる場所に-東日のトルクソリューション』では、一般の方でもご興味を持っていただけるように、「思わぬところに東日のトルク機器が使われている」と言った事例を紹介し、トルク機器の専業メーカーである東日製作所を身近に感じていただければ幸いです。 (詳細を見る

【東日トルク講習会】−日本のものづくりをサポート−

【東日トルク講習会】−日本のものづくりをサポート− 製品画像

■カタログ更新!~2020年12月までのスケジュールに更新しました。
■ご要望の多かった、小さなボディに大きなトルク目盛の小型プリセット形トルクレンチ「QL5シリーズ」の修理校正コースを定期開催決定。
◆業務ですぐに役に立つ「東日トルク講習会」は、受講企業数3050社/受講者数7868人を越えました。(1999/11 ~ 2020/2 の延べ)
◆Tコースでは、トルク管理やトルク機器の基礎が学べます。これからトルク管理を導入される場合や作業者/新入社員教育として好適です。特に実技ではトルク管理を実体験により理解を深める工夫をしています。
◆R1-1/R1-2(校正・修理)コースでは、トルクレンチ/トルクドライバの修理・校正方法が学べます。テスタを所有している企業様や、これから導入して「社内校正・修理」をする場合に適しています。
◆R1-3コースは大きなトルク目盛で簡単・確実なトルク設定が行えるプリセット形トルクレンチ『QL5/CL5シリーズ』の修理・校正方法が学べます。
◆R3コースはトルクレンチテスタ/トルクドライバテスタの【自社校正】や簡単な調整が行えるようにするコースです。 (詳細を見る

二度締め検出機能付き無線式単能形ポカヨケトルクレンチCSPFHW

二度締め検出機能付き無線式単能形ポカヨケトルクレンチCSPFHW 製品画像

生産工場の組み立て工程で行われている『締め忘れ防止(ポカヨケ)』で一般的な仕組みが、締め付け回数管理です。
ポカヨケトルクレンチはカウンタやPLCと接続して、締め付け回数が規定値に達したらランプやブザーの点灯/発音の他、ラインのインターロック制御などを行い、締め忘れを防止している事が多いようです。
ところが締付け回数管理では「二度締め」が問題でした。
これは一度締めた際にカウントアップし、再度同じボルトを締めてまたカウントアップしてしまうと、例えば実際は1本のボルトが締めて無いのにかかわらず、締め付け回数だけ規定値に達してOK判定を出して、インターロックが解除されてしまうことが考えられます。そこで色々タイマーを工夫するなどして対応していました。
CSPFHWシリーズは、東日独自のジャイロセンサによる「2度締め検出機能」(※PAT.PEND)により、ボルトの回転角度を検出して二度締めの有無を判定します。
東日のCSPFHWシリーズは、締付け回数管理によるポカヨケ(締め忘れ防止)の信頼性を本質的に高め、自工程完結に近づきます。 (詳細を見る

価格帯 1万円以上 10万円未満 納期

東日 トルクインジケータ CD5

東日 トルクインジケータ CD5 製品画像

■合否判定機能付き。測定値を予め設定した上下限値で合否判定が行え、単なる計測だけでなく検査用としてご利用いただけます。
■合否判定結果が一目で分かる、白/赤/青の文字表示。通常測定時には文字が白色、合否判定結果がLO/HIのNG(不合格)時には赤色、OK(合格)時には青色に自動切換え表示して知らせます。
■「カチン!」で締付けトルクデータを有線で伝送するトルクレンチ「CSPLDシリーズ」のトルク表示器に最適。CSPLDに搭載した合否判定LEDを点灯させることも可能です。
■CSPLDシリーズとの接続を前提に、「センサ付トルクレンチ用実負荷較正」機能を搭載。固定式トルクセンサ「TCFシリーズ」や回転式トルクセンサ「TCRシリーズ」だけでなく、製造ラインでの締付作業用途にも活用できます。
■セットトルク値を明記しての有線式データ伝送単能形トルクレンチ「CSPLDシリーズ」、固定式トルクセンサ「TCFシリーズ」、回転式トルクセンサ「TCRシリーズ」をCD5と同時に新規ご注文の場合、無料で実負荷校正して出荷いたします。
■無料データインプットツール「ExRcv(エクセルレシーバ)」ご利用いただけます。 (詳細を見る

価格帯 10万円以上 50万円未満 納期

超音波締め付け試験機(超音波ボルト軸力計)TT2000シリーズ

超音波締め付け試験機(超音波ボルト軸力計)TT2000シリーズ 製品画像

■LCD画面やシートキーは日本語表示。もちろん取り説PDFも日本語。
■ねじのトルク管理・トルク計測のスペシャリストである東日の「締め付け管理のノウハウ」を凝縮。他社品(たとえば海外製)とは一味違います。
■アクセサリーも充実。トルクレンチのソケットにセンサーを組み込んだ特殊仕様にも対応実績があります。
■トレーサビリティ体系に整合する校正機器もございます。お気軽にご相談ください。
■サポート体制も万全。安心してご使用いただけます。
■東日製作所は1954年に日本で初めてプリセット形トルクレンチのQL型を開発しました。(注)
(注:国立科学博物館 産業技術資料データベース から)
■東日では軸力計以外にも「トータルに締結の信頼性を確保するさまざまな機器」を用意しております。是非東日Webサイトをご覧ください。
https://www.tohnichi.co.jp/ (詳細を見る

価格帯 100万円以上 500万円未満 納期

締め忘れ防止用 無線ポカヨケトルクレンチ発信機 FHM/FH

締め忘れ防止用 無線ポカヨケトルクレンチ発信機 FHM/FH 製品画像

◆FHM/FHは締付け回数管理で締め忘れを防止する、無線ポカヨケトルクレンチ用の発信機です。
◆2008年に発売し莫大な実績がある無線ポカヨケトルクレンチの世界標準機「FH256MC」シリーズの後継機種(上位互換)です。
■FHMは『新通信モード』に対応。
・通信距離がUP:『新通信モード』が可能な受信機では、約20~30mと従来の旧通信モード(約10~20m)より伸びました。
・発信機バッテリ電圧のモニタリング:『新通信モード』が可能な受信機では、発信機のバッテリ電圧のモニタリング機能で電圧低下に伴う発信不良を予防できます。
※新通信モードで使用するには別売の受信機R-CMが必要です。
■バッテリ寿命は65万ショット。従来の発信機T-FH256MCより約25%アップしました。
■トルクレンチの製造番号や管理番号(英数字7桁まで&数字3桁)をIDに設定して送信可能。締付けたボルト(部位)と製造番号(管理番号)を合わせて管理することでトレーサビリティが取れます。
■有線のLS式トルクレンチをお客様自身で改造できる小型発信機「T-FHSLS256」は継続販売。詳細はカタログをご覧ください。 (詳細を見る

価格帯 1万円以上 10万円未満 納期

【2020.03版】トルク管理の一歩先を行く「締付保証システム」

【2020.03版】トルク管理の一歩先を行く「締付保証システム」 製品画像

【約150万本締付けて『締め忘れゼロ』!】※これは東日製作所の「締付け保証システム」を導入約2年半後、導入御担当者様の生の声です。

◆東日の「締付保証システム」は、様々な課題に対応すべく開発された製品や、製品単体で解決不可能な問題にも「製品の組み合わせ」や、「システム」さらには「システムの組み合わせ」で全世界で対応できます。また要求品質やコストに合わせて、お客様の製造部門のネットワークに接続するデータ管理システムの納入実績があります。 (詳細を見る

クリック式無線データ伝送トルクレンチ「FD/FDDシリーズ」

クリック式無線データ伝送トルクレンチ「FD/FDDシリーズ」 製品画像

「これは簡単・便利だ!」現場作業者・生産技術・品質保証が喜んだ!
クリック式無線デジタルトルクレンチは、締付け作業で設定トルクに達すると「カチン!」で自動的に締付けトルクを無線伝送し、締付けトルクの管理が簡単に行えます。特長は、
【1:作業者に負担を掛けずに高度な品質管理を実現】クリック式なので今使っているQLレンチやQSP等と同じ作業性。トルクデータは「カチン!」で自動的に無線伝送します。また締付けトルクの合否判定結果はレンチの大型LEDに直ちに反映し、締付け不良品の流出を防止します。
【2:FDDはさらに信頼性の高い締付け作業が可能】FDDは「2度締め検出機能」により、回数管理のポカヨケにありがちな2度締めカウントや2度締めデータの蓄積が防止できます。
【3:小型トルクレンチにも対応】締付けトルク2~10Nmの小型トルクレンチもあります。
【4:受信機が安価に!】2019/9/24発売の無線モジュール交換式受信機「R-CM」に無線モジュール「M-FD」を入れて使用可能。従来の受信機R-FHD(価格180000円)大幅に導入しやすい価格になりました。詳細はカタログでご確認ください。) (詳細を見る

価格帯 10万円以上 50万円未満 納期

パイプレンチヘッド付きプリセット形トルクレンチPHL/PHLE2

パイプレンチヘッド付きプリセット形トルクレンチPHL/PHLE2 製品画像

スパナ形状では回せないような「ねじ部品」・「配管」・「ねじ節鉄筋」のトルク管理に適しています。実績多数。

【プラント建設業界向けカタログを追加しました】

■東日製作所は1954年に日本で初めてプリセット形トルクレンチのQL型を開発しました。(注)
(注:国立科学博物館 産業技術資料データベース から) (詳細を見る

回転角法用デジタルトルクレンチCTA2シリーズ

回転角法用デジタルトルクレンチCTA2シリーズ 製品画像

■試作・開発や少量生産・試験生産に最適。高強度締結で多用される回転角度法用デジタルトルクレンチです。■ハイパフォーマンス車両(公道走行可)の整備用に採用実績多数。■締め付けを開始し、設定したスナッグトルク(座面が密着するのに必要とするトルク)を超えると角度測定が開始されます。そのまま締め続け、設定した角度に達するとブザーとLEDで締付け完了。■計測条件の設定は「チャチャッ」とパソコンで作成してトルクレンチにダウンロード可能。(専用ソフトウェアが入ったCDROM付属)■業界屈指の標準品としての品揃えを誇る『東日専用交換ヘッド』が使用可能。短納期で作業を安全・効率的に行えます。■受注時製作品にて無線データ送信可能なBluetooth仕様もあります。(納入実績多数)■計測範囲は2〜850N・mまでシリーズ6機種あり。☆「カチン!」で角度計測が自動スタート。角度円盤の固定不要!簡単操作で安価な回転角法締付用のクリック式デジタル角度レンチDWQLシリーズもあります。 (詳細を見る

取扱会社 ポカヨケ(締め忘れ防止)用マーキングトルクレンチ総合カタログ

株式会社東日製作所

■手動式・動力式 トルク機器  トルクレンチ、トルクドライバ、ヘッド交換式トルクレンチ用専用交換ヘッド、半自動/全自動トルクレンチ「エアトルク」、半自動電動トルクレンチ、空圧/電動ナットランナー、ポカヨケトルクレンチ、ポカヨケトルクドライバ、マーキングトルクレンチ、絶縁トルクレンチ/トルクドライバ、10倍トルク増力装置、大型車ホイールナット締付け用トルクレンチ、防塵・防水トルクレンチ等 ■機械式・電子式 トルク計測機器  トルクゲージ、トルクメータ、トルクレンチテスタ、トルクドライバテスタ、トルクチェッカ、トルクセンサー、油圧式軸力計、超音波軸力計、無線データ転送トルクレンチ、回転角法締付け用デジタルトルクレンチ、増し締め検査用デジタルトルクレンチ等 ■軸力安定化材「Fcon(エフコン)」 ■ソフトウエア(工具管理システム、締付け保証システムなど) 以上の製造・販売。 ■JCSS対応校正証明書・不確かさ校正証明書の発行。 ■トルク管理のバイブルと呼ばれている【トルクハンドブックvol.9(和)】の無料送付を2018/11/21から、英&中文版は2019/3/28から開始しました。

ポカヨケ(締め忘れ防止)用マーキングトルクレンチ総合カタログへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社東日製作所


キーマンインタビュー