アクシス株式会社 ロゴアクシス株式会社

最終更新日:2021/01/26

  •  
  •  

パイロンバリアーチェックシート(2020.11.2現在)

基本情報パイロンバリアーチェックシート(2020.11.2現在)

バイロンバリアーをご発注頂く前にご確認・ご署名頂く書類です。

パイロンバリアーチェックシートは、ご注文いただく前にご確認、ご署名いただく書類です。
パイロンバリアーは大臣認定品のため、ご使用にあたり認定条件があります。
必ずご確認ください。

詳しくはカタログをダウンロード、もしくはお問い合わせください。

「パイロンバリアー」(鉄骨梁貫通部高性能耐火被覆材)

「パイロンバリアー」(鉄骨梁貫通部高性能耐火被覆材) 製品画像

『パイロンバリアー概要』

【特長】
●鉄骨梁貫通部の高性能耐火被覆材
●12mm厚で1・2・3時間耐火の国土交通大臣認定を取得
●吹付けロックウールかさ比重0.28以上で使用可能
●非膨張性のため12mm厚でスリーブ計画が可能
●梁高さの2/3以下の貫通孔径で使用可能 ※ハイリング限定 センクシア(株)

【メリット】
■スリーブ径を大きく確保できるため、設備配管計画の自由度が増します。
■必要な設備スリーブ径に合わせて貫通孔を縮小することができます。
よって、補強プレート・補強リングのサイズダウンができ、補強費用の削減が可能です。
■梁高さの低減が可能です。
■各メーカーの補強リングとの併用が可能です。
 (※パイロンバリアーの認定条件が最優先です)
■高強度鋼材も使用可能です。鋼材の種類はお問い合わせください。

※必ず最新の認定条件をご確認ください。
 チェックシートは「PDFダウンロード」よりご覧いただけます。 (詳細を見る

NEW「パイロンバリアー」(2020.7.21新認定取得)

NEW「パイロンバリアー」(2020.7.21新認定取得) 製品画像

「パイロンバリアー」は、今回新たにハイリング(センクシア(株))との併用で大臣認定を取得しました。(2020.7.21)

これまでも、各メーカーの補強リングと併用して使用できましたが、今までの認定は、梁高さの1/2以下の貫通孔径までしか使用できず、補強リングでは最大2/3まで貫通孔をあけることができるため、その部分では使用不可となっていました。
今回の新認定で、梁高さの2/3以下の貫通孔径まで使用可能となりました。

【特徴】
最大2/3の貫通孔径とパイロンバリアー(12mm)の組み合わせにより今まで以上に…

■設備配管の有効面積のUP
■梁高さの低減

が可能となります。
(※耐力検討により最大2/3の貫通孔を設けられない場合があります)

※必ず認定条件をご確認ください。
(梁高さの1/2以下で使用する場合は既存の認定条件の方が適用範囲がひろい箇所があります) (詳細を見る

取扱会社 パイロンバリアーチェックシート(2020.11.2現在)

アクシス株式会社

耐震スリット材の開発・製造・販売 耐火被覆材の開発・販売

パイロンバリアーチェックシート(2020.11.2現在)へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

アクシス株式会社


キーマンインタビュー