空気層で断熱!ペアガラス同等の断熱・採光効果のエアサンドイッチ

掲載開始日:2013-01-29 00:00:00.0

製品開発のヒントは“羽毛の保温性” 世界初!フィルムがつくる空気の層で断熱する断熱材 ペアガラスや遮熱フィルム・塗料よりも高い断熱性能 光を透す窓用断熱材 エアサンドイッチ

印刷用PDFをダウンロード

積水化学工業株式会社積水化学工業株式会社

羽毛布団やダウンジャケットは寒さをしのぐ冬場の必需品ですが、あの温かさの秘密は“温まった空気を逃がさずとどめる”ことにあり、小さな空気層をいくつも作ることでヌクヌクと心地よい温かさを実現しています。
積水化学工業はそんな羽毛の仕組みをヒントに、窓用断熱材『エアサンドイッチ』を開発。積水テクノ成型が、その成型技術を活かして製造しています。
世界初の技術でペアガラス同等の優れた断熱・遮熱性能を実現し、しかも軽くて施工も簡単という画期的な断熱材として話題を集めています。そんなガラスやフィルム・塗料といった従来の方法に代わる、斬新な断熱用建材について詳しく聞きました。

窓用断熱材 エアサンドイッチ

今回紹介する技術と製品

窓用採光断熱材 エアサンドイッチ

エアサンドイッチは、透明な樹脂フィルムとスペーサー、樹脂フレームで出来た窓用断熱材です。既存の窓ガラスに室内側から接着・固定するだけで施工ができ、ペアガラスや遮熱フィルム・塗料などの従来の窓用断熱材と同等以上の高い断熱効果で省エネに貢献します。

この記事で紹介した製品の関連資料がダウンロードできます。

水鳥の羽毛をヒントに誕生!フィルム技術と空気層を使った世界初の窓用断熱材

積水テクノ成型株式会社 産業用品事業部 富永 聡 企画開発担当部長

積水テクノ成型株式会社
産業用品事業部
富永 聡 企画開発担当部長

建物のエネルギーロスの内、窓など開口部からのロスは30~50%を占め、その断熱リフォーム分野の市場は法人や公共施設関連だけでも年間900億円もあると試算されています。そんな市場に対し、ペアガラスや遮熱フィルム・塗料など、さまざまな商材が流通していますが、当社では空気を活用した断熱に着目し、フィルム技術を活用して開発したのが今回の窓用断熱材『エアサンドイッチ』です。

エアサンドイッチは透明なフィルムとスペーサー、枠となる樹脂フレームからなり、既存の窓の室内側に取り付けるだけの簡単な施工で導入できる断熱材です。布団やダウンジャケットに使われている“水鳥の羽毛”をヒントに開発した製品で、空気の力を使って従来の商材よりも高い断熱効果を実現しました。

熱を逃がさない!ペアガラスや遮熱フィルム・塗料と同等以上の優れた断熱性

エアサンドイッチと他の断熱材との
比較

羽毛は毛と毛の小さな隙間に空気を取り込んで何層もの空気層を作り、温度を保ちますが、エアサンドイッチでは、PET素材の透明なフィルムを重ねて薄い空気層を作り、それをスペーサーで縦の連子状に区切って薄くて小さな空気層に分割。それを何枚も重ねて複層の空気層を作り、羽毛と同じ断熱の仕組みを実現しています。

空気層は空気の対流が起きないほどに薄くて小さいため熱伝導がほとんどなく、さらに複数の空気層を重ねることによって外からの放射熱の影響を低減できます。これら熱伝導と放射熱の両方を抑えることによって、高い断熱・遮熱効果を発揮します。

従来の断熱方法と比較すると、通常のガラスの熱貫流率(熱の伝えやすさ、数値が低いほど熱を伝えない)が約6.0W/m2K、遮熱フィルムが約4.3~4.7W/m2k、気泡緩衝材が約4.5W/m2Kであるのに対し、エアサンドイッチは約2.9W/m2K(空気層5層厚さ6㎜の場合)~約3.4W/m2K(空気層5層厚さ4㎜の場合)と最も低く、ペアガラスの約3.5W/m2Kと同等かそれ以上の断熱効果があります。通常のガラスと比べて、冬場なら30~60%、夏場でも10~20%の電力を削減でき、寒冷地などではより高い効果が実証されています。

建物やそこに関わる方々に負担をかけない高い施工性が持ち味!

エアサンドイッチの構造

エアサンドイッチの構造

室内から簡単施工

室内から簡単施工

エアサンドイッチのもう一つの特長が『軽くて自由度の高い施工性』です。施工は、既存のガラスの室内側にエアサンドイッチの枠を両面テープとコーキングで接着・固定するだけ。時間にして1枚あたり15分程度で施工でき、あとはコーキング材が乾燥するのを待って完成です。施工には特別な装置や機材も必要なく、普段から使う脚立やコーキングガンなどの道具でOK。エアサンドイッチ自体の重さも5層6mm厚のもので1.7㎏/m2とガラスの1/4~1/5程度なので持ち運びにも苦労しません。

一方、従来の断熱方法だと、断熱・遮熱フィルムや塗料は施工に特別な技術と道具が必要で、1枚施工するのに時間がかかり、天候に左右されるなどの不安材料もあります。窓の外側に貼る場合には足場を組まなければならず、それだけで施工コストは膨らみます。また複層ガラスの場合には、サッシ自体から取り替える大規模な工事が必要で、ビルのオーナー様や管理会社様の大きな負担になっていました。

エアサンドイッチは週末だけで作業ができ、施工業者様にとってもオーナー様や管理会社様にとっても、さらにはテナントを借りているユーザー様にとっても負担が少なく、大きなメリットになっていると言えます。

省エネ・節電の工夫をやり尽くした人に向けた最終手段!テスト施工も受付中

積水化学工業株式会社 高機能プラスチックカンパニー 機能材料営業部 市場開発センター 白井 佳明 課長

積水化学工業株式会社
高機能プラスチックカンパニー
機能材料営業部 市場開発センター
白井 佳明 課長

いま力を入れているのは、ビルや事務所、工場などの法人の建物への提案です。屋根や外壁の断熱や遮熱はすでに多くの建物で行われていますが、窓や開口部の断熱・遮熱はまだまだ。高層階や足場を組んでの作業、複層ガラスへの入れ替えなど、コスト負担と施工の難しさから従来の断熱方法では不可能だったところでも、エアサンドイッチなら室内から短時間で施工ができます。 工場、病院、老健施設、オフィスなど、 広い窓面積に対応しなければならない場所にも対応が可能です。

エアサンドイッチはこれまでとはまったく違った技術・工法ですが、使っていただいた方からは高評価を得ており、『エアコンが効きやすくなった』『スイッチを切ってもしばらく快適』といった声や、『窓の結露が減った』などの効果を実感していただいており、間違いなく導入効果を提供できると自信を持っています。
さまざまな節電や省エネ対策を試してみたが、もう打つ手がないといった方にも、最後の手段としてぜひお試しいただきたいと思っています。今ならテスト施工も受け付けていますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事で紹介した製品の関連資料がダウンロードできます。

取扱会社

積水化学工業株式会社 高機能プラスチックスカンパニー 機能材料営業部

積水化学グループは、「住宅」「環境・ライフライン」「高機能プラスチックス」という3つのカンパニー(事業体)で、それぞれの分野において多様な事業をグローバルに展開しています。 高機能プラスチックスカンパニーでは、微粒子技術、粘接着技術、精密成型技術といった独自技術を活かし、車両材料(AT)、電子材料(IT)、メディカル(MD)、機能材料などの幅広い分野に向けて、高機能材料や中間素材を開発・提供しています。 IT分野の液晶用スペーサー、導電性微粒子、AT分野の高機能中間膜、自動車内装用架橋発泡ポリオレフィンなど世界シェアNo.1の高付加価値製品が数多くあります。

空気層で断熱!ペアガラス同等の断熱・採光効果のエアサンドイッチへのお問い合わせ

[必須] ご要望

[必須] 動機

お問い合わせ内容(400文字以内)

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

積水化学工業株式会社 高機能プラスチックスカンパニー 機能材料営業部


  • 第24回「建築・建材展2018」 主催=日本経済新聞社

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。