遠赤外線輻射パネルヒーター グラスヒート
遠赤外線輻射パネルヒーター グラスヒート http://kensetsu.ipros.jp/const_data/products/tmp/341685/009/img/Intercentral_009.jpg 【特徴】 ○燃焼を伴わないので酸欠や一酸化中毒、火災などの心配がなく、音、においなどもないため、いつも空気がクリーンで長時間換気も不要 ○風を引き起こさないのでハウスダストを巻き上げず、人に優しい暖房環境 ○手が触れても火傷しない安全設計、さらに電子制御機能を加え、安全性が向上 ●その他の機能や詳細については、カタログをご覧ください。 株式会社インターセントラル 設備 > 冷暖房・換気工事 > 冷暖房・換気の試験・試運転調整 -
  • 手が触れても火傷しない安全設計、さらに電子制御機能を加え、安全性が向上
    株式会社インターセントラル
    発売以来ご愛顧を頂いておりましたグラスヒート(SP/SPWシリーズ) の製造・販売を終了することになりました。長年にわたりグラスヒートをご愛顧頂き、誠にありがとうございました。
    後継機種サンヒートの製造・販売を開始しておりますので、サンヒートへの倍旧のお引き立てを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
  • 遠赤外線輻射パネルヒーター グラスヒートの製品画像です
    遠赤外線輻射パネルヒーター グラスヒートの製品画像です
  • この製品 を
  • Twitterボタン

基本情報遠赤外線輻射パネルヒーター グラスヒート

【特徴】
○燃焼を伴わないので酸欠や一酸化中毒、火災などの心配がなく、音、においなどもないため、いつも空気がクリーンで長時間換気も不要

○風を引き起こさないのでハウスダストを巻き上げず、人に優しい暖房環境

○手が触れても火傷しない安全設計、さらに電子制御機能を加え、安全性が向上

●その他の機能や詳細については、カタログをご覧ください。

価格

-

価格帯

納期

発売日

未定
※製造・販売中止

用途/実績例

【特徴】
○図書館、体育館、老人ホーム、病院などの公共施設から一般家庭まで広く使用できます。

○防湿タイプなら湿気に強く、プールや老人ホーム、病院及び一般家庭の浴室や脱衣室、台所等の水廻りにも設置可能です。

よく使用される業種

建築設計事務所、リフォーム住宅建設業、電気設備工事業

カタログ遠赤外線輻射パネルヒーター グラスヒート

  • 発売以来ご愛顧を頂いておりましたグラスヒート(SP/SPWシリーズ) の製造・販売を終了することになりました。
    長年にわたりグラスヒートをご愛顧頂き、誠にありがとうございました。
    後継機種サンヒートの製造・販売を開始しておりますので、サンヒートへの倍旧のお引き立てを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
    [PDF:104KB]

取扱い会社遠赤外線輻射パネルヒーター グラスヒート

株式会社インターセントラル

電気暖房器、遠赤外線暖房器の製造・販売 床・天井放射空調システムの設計・施工

遠赤外線輻射パネルヒーター グラスヒートへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

まだ会員登録をされていない方

会員登録(無料)と問い合わせが同時に行えます。
会員登録すると、いつでも情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社インターセントラル

みんなが注目している特集

  • IPROS9023163569460074335.jpg
  • IPROS1019433249917933993.jpg
  • zinko_mokuzai140_140.jpg
  • asahi140_140.jpg
  • IPROS4304967464173868895.jpg
  • tile140_140.jpg
  • IPROS1966683472232999202.jpg
  • IPROS4830233637468063452.jpg
  • IPROS3392121136715088854.jpg
  • kenten140_140.jpg

  • インターネットで変わる建設業の新規顧客開拓!
  • 価格を超える、高性能。CAD向け大判プリンター、新登場。

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー